6月度東京ミーティング報告

東京ミーティング(2019/06/15)報告

今年度第3回目の東京ミーティングを下記の通り開催いたしました。

日時:6月15日(土)15:00~17:00
場所:東洋計測器本店(計測器ランド)2F会議室
東京都千代田区外神田1-3-12
http://www.keisokuki-land.co.jp/company/shop_1.html
出席者(敬称略):上田(JA0FKM)、松村(JA1JGR)、中村(JA1CPA)、金子(JA1OGZ)、
山田(日本大学)、中村(日本大学)、藤井(日本大学)、
中川(株式会社ワープスペース)、黒川(HAPPY SCIENCE UNIVERSITY)、
斎藤(HAPPY SCIENCE UNIVERSITY)、神澤(HAPPY SCIENCE UNIVERSITY)、
後藤(JA3NAS)

<NEXUS最新情報>〔山田PL(日本大学)、中村(日本大学)、藤井(日本大学)〕
1. アンテナの方向調整を行った。(JAMSAT上田さん参加) 5/26
・かねてから、水平、垂直偏波より円偏波の受信率が悪いという状況があった。
・水平偏波、垂直偏波と比較して円偏波は半分くらい。
・方位は元々ずれてはいなかったが、仰角は離れたところから目視で確認。
・仰角のずれは確認(5度位ずれていた)できて、今回修正した。
・方向については太陽の方向で調節した。(太陽の陰でエレメントが1本になるはず)
・調整後の測定では円偏波の値が倍くらい伸びた。

2. FO-99の海外での運用を考えている。
・ドイツのハムフェア会場付近、タイでのJAMSATメンバーの海外運用に合わせて
トランスポンダーをONにする予定。

<最新情報>
1. ハムフェア(8月31日、9月1日)東京ビックサイト南館
・8月17日は東京ミーティングなのでその時にでも詳しく説明する。
・7月17日に出展者説明会が有りますので、その時にブース等の場所が決まる。
・昨年は、配送業業者がいないことに気付かず皆さんにご迷惑をおかけした。
・今年は車を使って搬出することを考えている。(坂井さんにお願いする事にする)
・日大さんにはNEXUSの広報があるので、何名かお願いしるかもしれない。

2. 東京地区のJAMSATメンバーで海外運用(タイ バンコク)を実施する。
・6月22日、23日で、FO-29、FO-99、QO-100の運用を行う。
・FO-99については、先ほどの報告通り、ドイツハムフェア会場とタイ上空で
TRPをONにしてもらう予定。
・FO-99は北九州しか窓がないので九州地区の方にお願いするしかない
・IO-86(赤道付近のみで運用)もできれば出てみたい。(インドネシアから返事が無い)
・24日は折角なので、全員で遺跡巡り(観光)をする予定。(2泊4日)

<各自の近況>
上田(JA0FKM/1)
・NEXUSは忙しかったのですが、CMのほうが忙しくなってきた。
・6mDOWNがあるので頑張ってやりたい。
・自宅のアンテナも調整できた。
・東南アジアの局や仰角の低い局とできるようになった。

黒川(HAPPY SCIENCE UNIVERSITY)
・初めての参加で、色々学んで帰りたい。

斎藤(HAPPY SCIENCE UNIVERSITY)
・初めての参加で、色々学んで帰りたい。

神澤(HAPPY SCIENCE UNIVERSITY)
・衛星を打ち上げることが決まっている。(3人は通信系担当)
・先月アマチュア無線局を開局した(JS1YCW)
・これから勉強していかなければならない。
・今日の話は非常に参考になった。
・光通信を行うことを考えている。1Uを考えている。
・打ち上げは2020年を考えているが、はっきりしていない。

藤井(日本大学)
・地上局担当で、ターミナルソフト、TNCソフトの開発等をしている。
・QPSK復調ソフトを開発中。
・今回初めて参加して、参考になったことが多かった。

佐藤(日本大学)
・ハムフェア等も参加したことが有る。
・NEXUS-HPの管理等を行っている。
・NEXUSのカメラの画像の解析等を行っている。
・FSK復調ソフト等進めていきたい。

山田(日本大学)
・NEXUSのPLで、全体の計画とかプロジェクト管理を担当。
・NEXUSの開発はEMの段階から参加している。
・現状は電源系の担当も行っている。
・地上局のコールサインは、JS1YAW。

中村(JA1CPA)
・衛星とは関係ないが、高齢者の運転免許についてどうしようか考えてしまう。
・速度制限の車が販売されるのを待ってみようかと考えている。

中川(株式会社ワープスペース)
・免許を取ったのでトランシーバーの購入を考えている。
・CMでの業務で、先ほどのアンテナの調整などは参考になった。
・衛星のリストを見ているが、どの衛星がアクティブなのか良く分らない。
⇒JE9PELのHPにアクティブな衛星のリストがある。(中村)
⇒JAMSAT-NLにも、今使える低軌道衛星などの情報が掲載されている。

金子(JA1OGZ)
・白色LEDや赤色LEDとアルミパイプを使ってアンテナの調整を行うことが出来る。
・仰角については水準器等を使って調整している。
・この場合太陽が出ていることが条件になる。(マイクロ波の場合はサンノイズで分かる)
⇒この詳しい説明をニュースレターに掲載して欲しい。(中村)
・マイクロ波のパラボラアンテナも測量の世界のような気がする。

松村(JA1JGR)
・トランシーバーの防水カバーを手に入れた。
⇒海などでは良いかもしれない。

後藤(JA3NAS)
・何やかやと忙しくてアンテナ整備が出来ていない。(1年くらい同じ事を言っている)
・HFのアンテナはどこも悪くなくすぐにでもONAIRできる。

次回は8月17日の開催で、ハムフェア準備について話を進める。
会場については後ほどJAMSAT-BB、JAMSAT-HP等で広報する。

今回6月度の東京ミーティング終了後、会場地下の「ちゃくら」で懇親会を開催した。
5名の参加であった。
<2019年度 東京ミーティング年間スケジュール>
基本的には偶数月の第3土曜日とする。
詳細の日程予定については、下記のとおり。

<2019年度開催状況>
2月23日;開催終了
4月20日:開催終了
6月15日:開催終了
8月17日:ハムフェア準備
10月19日
12月7日:忘年会同時開催

以上

4月度東京ミーティング報告

東京ミーティング(2019/04/20)報告

今年度第2回目の東京ミーティングを下記の通り開催した。

日時:4月20日(土)15:00~17:00
場所:東洋計測器本店(計測器ランド)2F会議室
東京都千代田区外神田1-3-12
http://www.keisokuki-land.co.jp/company/shop_1.html
出席者(敬称略):金子(JA1OGZ)、上田(JA0FKM)、坂井(JH4PHW)、
松村(JA1JGR)、小内(JF1AKD)、黒木(JO1LDY)、中根(JH3BJN)、
中村(JA1CPA)、大澤(JF1PTU)、山田(日本大学)、中村(日本大学)、
小黒(JO1KOE)、中川(株式会社ワープスペース)、後藤(JA3NAS)

<最新情報>
1.ハムフェアの申し込みをしていて、JARLより承諾の連絡が来ている。
2.ハムフェアでのJAMSAT懇親会の会場は押さえた。
⇒昨年と同じ、チムニービックサイト前店。
3.ハムフェアについての詳しい情報は、8月18日の東京ミーティングで報告する。
4.6月末時点で締め切り、今年度入会した方々のネームカードを作成する。

<各議題の進行と内容>
① 正確なアンテナの方向について調整の仕方について「問題提起」(上田)
・実際の衛星の位置より2,3度はずれている可能性はある。
・合わせる方法として、どの方法を考えれば良いか?
・目視等で合わせてみたが、タワーの上で会わせるのは大変。
・考え方として、マイクロ波でやっていたが、仰角について水平は水準器を使い調整する、方向については1mくらいのアルミパイプを利用してサンセンサーを使うなどして合わせるという方法が考えられる。(金子)
・日大の地上局の場合、4本のスタックでゲインがありすぎということと、方角がシャープすぎるのではないか?環境的に街中すぎるのも雑音を拾う原因では?

② NEXUS最新情報〔山田PL(日本大学)〕〔中村(日本大学)〕
・電界強度についての測定結果報告
⇒打ち上げ前にJARDで測った状況と実際はちょっと違っている気がする。
⇒皆からは、色々意見や考察はでたが・・・・・
⇒日本上空では黄色くなっているが、極地では青くなっているので良く分る。
⇒今後も測定は続けていく(日大)
・ターミナルソフトを作成して公開した。(NEXUS-HP)
⇒解説書も公開した。
・毎週運用経過報告をNEXUS-HPにて報告している。(HP参照のこと)
⇒受信情報をいただいた方々の情報を公開している。
・トランスポンダーについて
⇒東南アジアあたりでも使えると良いかも?(上田)
・角速度の件について
⇒皆さんから色々と、角速度の考察やらの情報をいただいている。
⇒衛星自体も角速度シャッターコマンドがある。(かなり精度が高いと思っている)

③ 本日初めて参加された方
中川佳大さん:GNU-Radioに興味が有って参加した。
⇒GNU-Radioについて、本日は自習となってしまった。
⇒JAMSATの最新ニュースレターを渡した。
⇒つくばにOMがいるので、訪ねてみてはどうか?

④ NEXUSでの運用での受信固定について「問題提起」
・高い方の周波数で、受信固定にするのは論理的におかしいのではないか?(中根)
⇒帯域の広いFO-29については、送信固定、受信固定と混在している。(黒木)
⇒帯域の狭い衛星については、暗黙の了解で受信固定で運用している。(黒木)
⇒FO-99の場合、帯域は狭く飛来時間短く受信固定を推奨とした。(黒木、上田)

⑤ JAMSATクラブ局(JS1YAQ)のQSLカードを作成した。(坂井)
⇒NEXUSが撮影した地球の写真を取り入れた。
⇒JARLに入会(3年分)して、ストラップをいただいた。

次回は6月の開催で、会場については後ほどJAMSAT-BB、JAMSAT-HP等で広報する。

今回4月度の東京ミーティング終了後、会場地下の「ちゃくら」で懇親会を開催した。
10名の参加だった。

<2019年度 東京ミーティング年間スケジュール>
基本的には偶数月の第3土曜日とする。
詳細の日程予定については、下記のとおり。

<2019年度開催状況>
2月23日;開催終了
4月20日:開催終了
6月22日
8月17日:ハムフェア準備
10月19日
12月7日:忘年会同時開催

以上

 

 

タイにて衛星通信の運用を実施します。 (FO-29,FO-99,QO-100)

画像

6月22日より、JAMSAT東京地区メンバーがタイにて衛星通信の運用を行います。
JAMSAT-BBより転載いたします。

DLのHAMRADIO DAYに合わせてQO-100にQRVすることになりました。
JAMSATより以前からHS0AJ(タイ)へ送り込んでいた設備も稼働しています。
その確認、等のためHS0AJ(タイ)で移動運用します。
これに合わせてFO-99、FO-29でのQRVを予定しています。

予定は下記です(時間は JSTです。)
(時間は再度計算し直してください。これはORBSデータが古い計算値です。)

<FO-29とFO-99の時間帯(リンクファイル)>日本上空(HS0で見える時間を併記)

※:FO-99についてはコマンドを送るときの仰角がぎりぎりで送れるかどうか?分かりません。必ずTRPをONにできるとは言えません。

CALL はHS10KING (王様ラーマ10世の即位記念局)を使わせていただく予定です。
(FO-29では すでにタイからはこのコールでQRVされていて、皆さんもQSOされていると思います。)

<皆さんへのお願い>
特にFO-99のスケジュールでご協力いただける方を探しています。
北九州の方で窓がある方、是非ご協力ください。
その他ご意見などもお送りください。

JAMSAT  上田 JA0FKM/1 hoz_uedaアッとicloud.com

PS:これに合わせて DLでもFO-99のTRPの運用を行います。
DLへ行かれる方は、運用してください

<FO-99の時間帯(現地時間)>

※:コマンドを送る時の仰角がギリギリで送れるかどうかわかりません。
必ずTRPをONにできるとは言えません。

転載:JA3NAS 後藤

**************************************

<移動運用参加者>
JA0FKM 上田
JA1OGZ 金子
JG1KOE 小黒
JF1AKD 小内
JA3NAS 後藤
※現地在住(バンコク)のJA1DAO辻さんも参加します。

※QO-100については日本から見えませんが、下記URLでワッチできます。https://eshail.batc.org.uk/nb/

※FO-99のTRPの運用については、「日本大学NEXUSプロジェクト」の最新ニュース(下記URL)をご覧ください。

http://sat.aero.cst.nihon-u.ac.jp/nexus/4_news.html

以上

6月度JAMSAT東京ミーティング開催案内

JAMSAT東京ミーティング(6月度)を下記の通り開催いたします。

日時:6月15日(土)15:00~17:00
場所:東洋計測器本店(計測器ランド)2F会議室
東京都千代田区外神田1-3-12
http://www.keisokuki-land.co.jp/company/shop_1.html

東京計測器殿のご厚意により、会議室をお借りすることが出来ました。
衛星通信に興味のある方、どなたでも参加できます。
秋葉原散策の後にでもご参加ください。

6月度の東京ミーティングの開催日を、6月22日としていましたが、
会場確保、他の日程との重複に寄り、6月15日に変更いたします。

なお、ミーティング開催の前に、12時より「GNU-Radio」の講習を
行います。
今回は今村さん(JI1SZP)に講師をお願いしています。
参加される方は、早めに昼食を済ませて12時にお出でください。
京都嵯峨野でのJAMSATシンポジウムでの講習の続きとします。

なお、初めて参加する方は、下記資料を確認してご参加ください。
・プレゼン資料
https://www.noritsuna.jp/download/SDR_GNURadio.pdf
・GNURadioなど一式をインストール済みのUSBメモリ用のUbuntuイメージ(イメージ焼き込みツールを使ってUSBメモリに焼いてください) https://www.noritsuna.jp/download/grc_ubuntu.zip
(※ダウンロードに時間がかかります)
・演習のGNURadioファイル一式
https://www.noritsuna.jp/download/grc_study.zip

※なお、合わせて、CQ出版「RFワールド NO.44」を参照されると良いと思います。
⇒購入される場合は、CQ出版(Web版)直で購入される方が安いと思われます。

この講習で分からないことがあれば、メールで私宛にご連絡ください。
ja3nasアットマークgmail.com

以上

4月度東京ミーティング開催案内

JAMSAT東京ミーティング(4月度)を下記の通り開催いたします。

日時:4月20日(土)15:00~17:00
場所:東洋計測器本店(計測器ランド)2F会議室
東京都千代田区外神田1-3-12
http://www.keisokuki-land.co.jp/company/shop_1.html

東京計測器殿のご厚意により、会議室をお借りすることが出来ました。
衛星通信に興味のある方、どなたでも参加できます。
秋葉原散策の後にでもご参加ください。

今回は京都でのシンポジウムの後と言うことで、シンポジウム2日目
の午後に行われた演習(GNU-Radio)の続きを12時より実施したい
と思います。
但し、講師の都合がつかないことから、自習形式とします。
「GNU-Radio」について、まだ勉強が足りないという方は、12時より
会議室を開けておりますので、早めにご参加ください。

尚、12時より参加される方は、持参する必要な備品については京都の
シンポジウムと同様とします。
①延長電源ケーブルは忘れないよう!
②講師不在の場合、SDRの予備はありませんので、ご注意ください。
ご自分で用意してください。
③今回より、新たに参加されたい方は事前に私までご連絡ください。
ja3nasアットマークgmail.com
※必要な備品や資料をお知らせします。

通常の情報交換等は、15時より行います。
是非ご参加ください。

<2019年度 東京ミーティング年間スケジュール>
基本的には、偶数月の第3土曜日とします。
2月23日:終了
4月20日
6月22日
8月17日(ハムフェア準備)
10月19日
12月7日(忘年会同時開催)
会場については、都度ご案内します。

是非、ご参加ください。
お待ちしています。

東京ミーティング(2019/02/23)報告

東京ミーティング(2019/02/23)報告

今年度第1回目の東京ミーティングを下記の通り開催いたしました。

日時:2月23日(土)14:00~17:00
場所:東洋計測器本店(計測器ランド)2F会議室
東京都千代田区外神田1-3-12
http://www.keisokuki-land.co.jp/company/shop_1.html
出席者(敬称略):上田(JA0FKM)、中村(JA1CPA)、大澤(JF1PTU)、
黒木(JO1LDY)、松村(JA1JGR)、小内(JF1AKD)、金子(JA1OGZ)、
今村(JI1SZP)、中西(東京工業大学)、山田(日本大学)、中村(日本大学)、
後藤(JA3NAS)

<最新情報>
1. 1月18日イプシロン4号が打ち上げられ、各種の相乗り衛星が放出された。
2. 東京工業大学のOrigamiSat-1はFO-98、日本大学のNEXUSはFO-99と
オスカーナンバーが付与された。
3. カタールの静止衛星はQO-100のオスカーナンバーが付与され、
運用が開始された。
4.3月16,17日はJAMSATシンポジウムが京都の「ホテルビナリオ嵯峨嵐山」
にて開催予定。

<今回の進め方について>
1月18日打ち上げられた「イプシロン4号」に搭載されていた、各種衛星について、初期のテストが始まっており、各衛星の信号を受信されている方も多いことから、今回は近況報告をやめて、それらをテーマに情報交換をすることとした。また、3月のJAMSATシンポジウムも近い事からその事前情報交換を行った。
①NEXUS最新情報の提供
②NEXUSが運用開始になった時の課題等の検討
③OrigamiSat-1最新情報の提供
④3月に行われるJAMSATシンポジウムの事前の情報交換
⑤その他

<各議題の進行と内容>
① NEXUS最新情報〔山田PL(日本大学)〕〔中村(日本大学)〕
・毎週運用経過報告をNEXUS-HPにて報告している。(HP参照のこと)
⇒ミッションが7個あるうち、現状4個テストが終了している。
⇒問題点として、コマンド送付で不具合があったが、今後どうするかは検討中。
・トランスポンダーについて
⇒本格的に運用開始と言うことになった場合には、アマチュア無線局の使いやすい方法を今後検討していきたい。
・角速度の件について
⇒打ち上げ2週間後から角速度の増加が確認されている。(現状通信に影響はない)
⇒現状はCWのみにして、電源の消費電流を抑える方法を取って様子を見ている。
⇒各種データを取得しているところで、何がしかの対策を考えたい。
※他の衛星等を受信している出席者から色々な報告や参考意見が出た。
⇒他の衛星からすれば未だましな方ではないか?

② トランスポンダーが運用開始になった場合の運用方法について
・当初計画では、トランスポンダーの開放は来年3月と言うことになっていたが、テストが順調に進んでいることから、もう少し早まることが予想される。そこで、NEXUSのトランスポンダーの周波数範囲が30KHz であることを考えると、運用方法について考慮する必要はないか検討してみたい。(混信をなるべく少なくしたい)
〔後藤(JA3NAS)〕
・NEXUS トランスポンダーのバンドエッジについて実測値の説明
〔金子(JA1OGZ)〕
⇒2/3 9:00 のパスで、AOS、TCA、LOSに分けて送信固定で測定したが、中心周波数から移動を初めてLOS直前でバンドエッジに来てしまっている。
⇒受信固定であれ、送信固定であれ、ドップラーシフトでかなり動いている事を考えるとどちらが正しいということも言えない気がする。
⇒要は受信固定、送信固定の両方が混在することが混信の元になるのではないか?
⇒FO-29のように100KHzもあるのであればそれほど問題にはならないが、NEXUSの場合は何がしか交通整理が必要ではないか?
・送信固定か?受信固定か?(フリートーク)
⇒バンドエッジが狭い事もあり、ドップラーシフトにより混信を誘発するのでは?
⇒送信固定と受信固定が混在することにより混信を誘発するのではないか?
⇒今では、CALSAT等、受信固定で出来るので問題はなくなってきている。
⇒ソフトでは受信固定だとうまく行くが、送信固定ではうまく行かないのでは?
⇒決めても守らない人がいると思う。
⇒衛星によって、分けている場合がある。(運用状況)
FO-29:バンドエッジが100KHzあるのでどちらでも良いが、大体送信固定。
AO-73:20KHzしかないので、受信固定にしている。
そのような状況を考えると,NEXUSの場合は、受信固定が良いような気がする。
⇒基本的には、NEXUSは帯域幅が狭いこともあり、受信固定で運用したほうが良いかもしれない。(但し、記念運用は、送信固定で行うものとする)
⇒京都のシンポジウムでは、NEXUSは受信固定で運用ということで、提案します。

③ OrigamiSat-1最新情報〔中西(東京工業大学)〕
・現状の状況説明
NEXUSと一緒のタイミングで打ち上げられた。オスカーナンバーもFO-98で頂けた。
膜貼り付け型形状記憶アンテナ搭載の衛星で、5.8GHzの高速ダウンリンクを目指し
ている。
⇒1月24日以来、リセットが効いておらず、信号確認できずに回復していない。
⇒地上側にFM機器があるので、地上で検証作業を行っている。
・今後の課題と実施項目
⇒5.8GHzの送信機能があり、落ち着いてからテストを開始する予定。
⇒結構、その送信機能は電源容量を必要とする機器であるのが心配。
⇒何とか回復するようにしたいと考えている。
⇒京都のシンポジウムでさらに詳しい説明を予定している。

④ GUN-Radioの簡単な概要とその準備について〔今村(JI1SZP)〕
・必要機材の説明とその要件(CPU能力、メモリ量等、必要ソフト等)
⇒シンポジウムでは、1日目は概要の説明を行い、2日目の午後には実践編を行う。
⇒受信機の製作等、実際に動かすところまで実施する。
⇒推薦SDRについて説明(数千円~5万円くらい)
⇒USBメモリ上でLINUXを動かす方法で実施する。(USBメモリは3.0以上が条件)
⇒2日目の演習(実践編)は2時間を予定している。

⑤ その他(多くの話題についてディスカッションを行った)
・NEXUSの角速度の件については、先ほど話が出た。
・円偏波と直線偏波の違いについて
・オスカーハンターの給電部の水濡れについて
・衛星軌道ソフトについて
・ローテータについて
・シンポジウムでP4A(QO-100)の説明について
・シンポジウムでのNEXUSデモ運用について(この場合は送信固定で実施する)

次回は、京都嵯峨野でのシンポジウムになります。
開催日は3月16日、17日で、具体的な会場場所やプログラムについては、ニュースレターで案内しています。また、JAMSAT-HPでも広報いたします。
3月は、京都嵯峨野でお会いしましょう!

今回2月度の東京ミーティング終了後、会場地下の「ちゃくら」で懇親会を開催いたしました。9名の参加でした。

<2019年度 東京ミーティング年間スケジュール>
基本的には偶数月の第3土曜日とします。
詳細の日程予定については、下記のとおりです。

<2019年度開催状況>
2月23日:開催終了
4月20日
6月22日
8月17日:ハムフェア準備
10月19日
12月7日:忘年会同時開催

以上

「JAMSATシンポジウム2019」開催案内

「JAMSATシンポジウム2019」開催案内

JAMSATでは下記の通り、年次総会、JAMSATシンポジウム2019を開催いたします。
日本大学と共同開発した「NEXUS」打ち上げ直後でもあり、その話題は多い内容となっています。新情報を必要とする方はぜひご参加ください。
シンポジウム、懇親会は、衛星通信に興味のある方どなたでも参加可能です。

開催日時:3月16日(土)~17日(日)
総会(会員のみ):3月16日(土)12:30~13:15
シンポジウム  :3月16日(土)13:30~18:00 3月17日(日)8:45~13:15
GNU-Radio演習:3月17日(日)14:15~16:45(事前申込必須)
懇親会:3月16日(土)18:00~
開催場所:ホテルビナリオ嵯峨嵐山
〒616-8372 京都市右京区嵯峨天龍寺広道町3-4
TEL / 075-871-9711
https://hotel-binario.jp/
※JR嵯峨嵐山駅南口を出て東側
参加費用:シンポジウム(無料)

※参加される方の名札について
JAMSAT会員はJAMSATストラップをご持参ください。
会員以外の方で、事前登録されている方については名札を作成いたします。

<懇親会について>
懇親会は事前申し込みをお願いします。(申込締切:3月3日まで厳守)
Email:jh3bum@gmail.com
※会員の方はニュースレター同封の葉書(締切:3月2日(土)必着)でご連絡ください。
懇親会参加費:一般5000円程度
懇親会会場:「ホテルビナリオ嵯峨嵐山」宴会場

シンポジウムプログラム(予定)

2019シンポジウムプログラム(日本語)

2019Symposium Program

※下記は縮小版の為、上記LINKをクリックしてください。

 

以上

東京ミーティング開催案内(2月度)

JAMSAT東京ミーティング(2月度)を下記の通り開催いたします。

従来、3月度にはシンポジウムが開催されいることから、2月度の
東京ミーティングは開催されていませんでした。
しかしながら、遠方でシンポジウムに参加できない方への情報交換や、
12月度から間が空いていることから、開催することといたします。

日時:2月23日(土)14:00~16:30
場所:東洋計測器本店(計測器ランド)2F会議室
東京都千代田区外神田1-3-12
http://www.keisokuki-land.co.jp/company/shop_1.html

東京計測器殿のご厚意により、会議室をお借りすることが出来ました。
衛星通信に興味のある方、どなたでも参加できます。
秋葉原散策の後にでもご参加ください。

特に、今回はNEXUS衛星が打ち上げられた直後でもあり、その話題は
多いと思います。
NEXUS関連の情報に興味のある方は出席されると良いと思います。

<2019年度 東京ミーティング年間スケジュール(案)>
基本的には、偶数月の第3土曜日とします。
(2月度のミーティングで確定させたいと思います)
2月23日
4月20日
6月22日
8月17日(ハムフェア準備)
10月19日
12月7日(忘年会同時開催)
会場については、都度ご案内します。

是非、ご参加ください。
お待ちしています。

以上

12月度JAMSAT東京ミーティング報告

東京ミーティング(2018/12/15)報告

今年度第5回目の東京ミーティングを下記の通り開催いたしました。

日時:12月15日(土)14:00~17:00
場所:喫茶ルノアール ニュー秋葉原店 会議室
〒101-0021
東京都千代田区外神田1-16-10
ニュー秋葉原センタービル地下1階
https://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/booking/shops/view/ニュー秋葉原店

出席者(敬称略):中村(JA1CPA)、望月(JA1NWR)、小黒(JG1KOE)、
松村(JA1JGR)、大澤(JF1PTU)、黒木(JO1LDY)、坂井(JH4PHW)、
金子(JA1OGZ)、今村(JI1SZP)、上田(JA0FKM)、後藤(JA3NAS)
忘年会参加者:小内(JF1AKD)

<最新情報>
1.NEXUSの打ち上げの日程について
・9月25日にNEXUS衛星がJAXAに引き渡されたが、打ち上げの日程について、12月17日と当初発表されていたが、1月17日と言うことになった。鹿児島県内之浦からの打ち上げとなります。
・詳細な打ち上げ後のタイムスケジュール、日本大学のNEXUS-HPに詳しく掲載されています。
http://sat.aero.cst.nihon-u.ac.jp/nexus/0_Top.html
・JAMSAT-HPとリンクを張る予定です。英語版も作成しています。
2.日本大学にローテータを提供していたが、測定器類も提供した。
・12月12日、JAMSATから日本大学宮崎・山崎研究室にシグナルジェネレータ(中古の機器)を提供した。
・その他周辺のコネクタ類、ケーブル類の提供をした。また、4分配器を自作して提供してきた。
・先生以下、皆さんに大変喜んでいただいた。
・また、他の大学等、この機器が必要な場合は、理事経由でお借りすることが出来るようにお願いした。
3.日本大学より、TNC類が不足している旨JAMSAT-BBにお願いが出されていた。
・中村さん(JA1CPA)、小倉さん(JA1JBF)より、夫々TNC-555を2台提供いただいた。
⇒日大の皆さんより非常に喜んでいただけました、ありがとうございました。
4.次回シンポジウム開催場所の「ホテルビナリオ嵯峨嵐山」の宿泊部屋を年内には締め切る予定。ツインしかないのでペアを組んで申し込んでください。

<各自の近況>
中村(JA1CPA)
・電波測定は常々行っている。現在は水平と垂直で夫々行っている。ダイバシティー的な方法だが、耳で更生しながら行っている、慣れると結構良い結果が得られる。
・前回、不明なノイズが出ていると話をしたが、解決しないでいる。
⇒CATVが原因で、4K対応を行ったことで、ある特定な方向のみノイズが発生している。
⇒402MHzから6MHz単位で並んでいるが、432MHzから438MHzがはまっている。
⇒問い合わせてみたが、どこかで洩れているかも?と言われた。洩れがあるとWIFIにも影響があるはず。場所を特定しないとらちがあかない様だ。
⇒屋内の分配器、ブースター等、各管轄が違うので場所によって責任体制がはっきりしない。

望月(JA1NWR)
・マスプロのオスカーハンターの残骸を、少しずつ修理分解して改善して完成した。
⇒144 MHzについてはメーカの仕様どおりになったが、430 MHzについては、メーカで3回ほどエレメントの仕様を変更しており、平成3年以降新たな仕様に変更している様だが仕様が分からないでいる。
⇒一つの方法として、偏波切替はいらないので固定にしてはどうか?(JA1CPA)
⇒FO関連は円偏波だったが、それ自体今はめちゃくちゃになっている、現在円偏波
の衛星は上がっていない。
⇒偏波切替機器について回路の図面を書いてみた。(図面)
⇒リベット部分の外し方について説明。

小黒(JG1KOE)
・来る途中火事があった。(横浜市上大岡駅前) それで参加が遅れた。
・引っ越し予定。一戸建てになるので、アンテナを建てたい。ルーフタワーを考えている。
・オスカーハンターの偏波切替に水が入ったままになっていた。
⇒海外製のクロス八木を輸入しようかと考えている。(本当は修理して安く上げたい)

松村(JA1JGR)
・日本大学船橋校舎の学園祭に行ってきた。
⇒NEXUS関連の展示は見つけられなかった。

大澤(JF1PTU)
・台風24号でHFのルーフタワーのマストが曲がってしまった。
・衛星アンテナは別に建てていたが倒れてしまった。エレメントが折れてしまった。
・KR-500(仰角ローテータ)の中身を開けてみたが、ベアリングが錆びついていた。
⇒修理して現在は正常に動いている。
・中国の衛星(SSB)をアクセスしているが、相手がいない状況。
・HF帯はFT-8で運用している。

黒木(JO1LDY)
・最近はCWに出ていた方がSSBに多く出るようになってきたのでSSBにも出るようにしている。ただアンテナが垂直系なので衛星スピンで信号が途切れるので円偏波のアンテナを作ることを考えている。
・ネパールで9N7APの運用が行われ、JAからは10局が交信した。 音声ファイル、QSLカードは JF2AIAさんのHPに公開されている。
⇒発行予定のQSLカード(9N7AP)

 

坂井(JH4PHW)
・5.6GHzでコンテストに出てみた。(5局と交信)遠いところは日光の局。
⇒新宿反射で行ったが、自宅からは渋谷反射が調子良い。
・手モテータでやっている。

金子(JA1OGZ)
・マキ電機の24GHzの機器を修理した。大変だった。
⇒24GHzやるならクーネ社製(ドイツ)が良いと思う。440ユーロ(送料込み)、
IFは1200か400でも良い。現在セール中。
・IOT向け(LoRaのユニット)。100mW、日本国内では920MHzで利用。

今村(JI1SZP)
・トランジスタ技術1月号掲載の記事について説明。
・静岡大学Stars-AOについて、現在止めている模様。現在解析中
・受信してほしい旨お願いが来ている。

上田(JA0FKM)
・自宅のコン柱にアンテナを乗せた。
⇒オスカーハンタースタックにしている。
⇒アンテナ同軸は、スタックなので、ブームに電線のようにして配置している。
⇒古いもの(20年前)と新しいもののスタックにしている。
・この他に1200と2400をのせようと考えている。

後藤(JA3NAS)
・タワー上の衛星用アンテナの同軸が外れており、修理の準備をしているが、
1月17日には間に合わないかもしれない。
⇒オスカーハンターの同軸の出し方について相談したかった。
・しばらく工作をしていなかったので、QEXに掲載されていたQRPトランシーバーに
ついて発注をした。(QRP LABSに発注)PAYPALに登録し直した。
・ついでにLUXMANのアンプが付録になっている雑誌を申し込んだ。

次回は、京都嵯峨野でのシンポジウムになります。
開催日は3月16日、17日になります。会場はニュースレターで案内しています。
プログラムについては、決まり次第広報します。
次回は、京都嵯峨野でお会いしましょう!

今回12月度の東京ミーティング終了後、ルノアールの隣のビルの「磯丸水産秋葉原店」で忘年会を開催いたしました。11名の参加でした。

<2019年度 東京ミーティング年間スケジュール>
4月以降の偶数月の第3土曜日とします。
詳細の日程については、後日案内いたします。

<2018年度開催状況>
4月21日:開催終了
6月16日:開催終了
7月21日:開催終了
10月20日:開催終了
12月15日:開催終了

以上

 

 

 

 

 

 

10月度東京ミーティング報告

10月度東京ミーティング(2018/10/20)報告

今年度第4回目の東京ミーティングを下記の通り開催いたしました。

日時:10月20日(土)14:00~17:00
場所:東洋計測器本店(計測器ランド)2F会議室
東京都千代田区外神田1-3-12
http://www.keisokuki-land.co.jp/company/shop_1.html

出席者(敬称略):中村(JA1CPA)、望月(JA1NWR)、松村(JA1JGR)、
黒木(JO1LDY)、坂井(JH4PHW)、上田(JA0FKM)、金子(JA1OGZ)、
今村(JI1SZP)、後藤(JA3NAS)

<最新情報>
1. NEXUSお披露目会の開催
・9月24日、日本大学船橋校舎において、長年にわたり、日本大学とJAMSATで共同開発されてきた、アマチュア衛星通信技術実証衛星「NEXUS」のお披露目会が開催されました。日本大学側は往年のプロジェクトリーダーを務めた方々も駆けつけ、JAMSAT側からは、開発メンバーに加え各協力者も参加しました。
・山口プロジェクトリーダーに寄る「NEXUS」の概要説明や開発経過の説明の後、実際の衛星の展示や、今回新たに屋上に建設された地上局アンテナの見学が行われました。
・衛星本体については、翌日(9月25日),JAXAに引き渡されました。
2. JARLNEWSに「NEXUS」の記事が掲載されています。
・JARLNEWS2018年秋号に「NEXUS」の記事が掲載されました。JARLより何部かいただいており、JARLに未加入で衛星通信に興味ある方に配布願います。
3.ハムフェア2018で残ったNEWSレターが何部かありますが、この会議に初めて参加された方でJAMSAT会員未加入の方用(JAMSAT会員勧誘用)に参考資料として配布しようかと思います。
⇒いつも1名くらいはおられるのですが、このような時に限って、本日はどなたも来てないようです。

<各自の近況>
中村(JA1CPA)
・最近、不明なノイズが出ており色々調査している。
⇒430MHzと145MHzで出ている(強さや方向も色々調べている)2週間続いている。
⇒プリアンプ等使っているが、何か機械から出ているノイズと思われる。
⇒ハンディ機を持って歩いてみて、近所を回ってみようかと思っている。
⇒方向等大体わかっている。
・衛星毎にアンテナを切り替え、信号強度や偏波面の動きについて調べているのはずっと続けている。
・来年の嵯峨野シンポジウム2019の時の宿をどうしようか迷っている。(すべて会場の宿は埋まってしまっている)

望月(JA1NWR)
・マスプロのオスカーハンターの残骸をJA3NAS局から頂いた。
⇒やっと修理が終了して新たに電波を出してみた。
⇒給電点を開けてアルコールで磨いて修理した。(以前の物は分解して壊してしまった)
⇒真ん中のブーム(グラスファイバー)を2本つないで少しアンテナ間を広げて修理した。
⇒スタックにしてみようかと考えている。
⇒アンテナからプリアンプまでは5D-FBを使用した。

松村(JA1JGR)
・ここのところ事情があって、特には何もしていないし、イベントにも参加はしていない。

黒木(JO1LDY)
・今回JAMSATに入会した。
・JA1CPA中村さん考案のアルミの紙アンテナ(アルカミアンテナ)について、JARL東京支部の「青少年のための科学の祭典」で子供たちに製作してもらい、2日間で165本製作した。それを地デジ用のアンテナに改造してテレビで映るかどうかを試してみた。
⇒小金井でも製作した(5,60本)、人数がオーバーした。
⇒JARL東京支部のHPに掲載されています。
http://jarl-tokyo.org/wp2/
・EMEのペディションが行われる予定だが、衛星通信についても運用する予定。
⇒[JAMSAT-BB:19119]参照(JR3MHP西河さん書き込み)
https://www.jamsat.or.jp/pipermail/jamsat-bb/2018-October/000447.html

坂井(JH4PHW)
・JAMSAT-BBに書き込みがあった、CALSATのJR1HUO相田さんのローテータをいただいてきた。
⇒JAMSATのクラブ局で使うかどうか考えている。
⇒YAESUの仰角ローテータだが、昔はケンプロのKR-500ではないか?
・会社のクラブ局で6m&DOWNで全国2位だった。
⇒1位の局とはマイクロ波局の数でタッチの差だった。
⇒5.6GHzに出れるように準備した。

上田(JA0FKM)
・引っ越しが終わって、やっとリグを並べたところ。
・これからコン柱にアンテナを乗せる予定。(ローテータ等整備中)
⇒NEXUSに間に合うかどうか心配。
⇒アンテナ整備は自分で上る。
⇒コン柱に足場等つけてもらっている。(約12mくらい)

金子(JA1OGZ)
・24GHzの機器を製作している。NFが良くなくて12dB くらい。(出力2W出てる)
⇒LNAの抵抗が外れていた。
⇒バイアスのVRが浮いていた。
・3月のシンポジウムの時に、科学未来館より依頼されていて、子供の実験用ということで、「電波天文で遊ぼう」ということで手伝っている。
⇒アンテナをパラボラしくやりたいとのこと(木枠で製作し、内側にアルミ箔を貼り付ける)

今村(JI1SZP)
・静岡大学Stars-AOを簡単に受信できるシステムについてドキュメント化しまとめた。
⇒ファーストパスが低すぎてちょっときついかも?
⇒[JAMSAT-BB:19120]参照(JI1SZP今村さん書き込み)
https://www.jamsat.or.jp/pipermail/jamsat-bb/2018-October/000448.html
⇒CWの受信のし方等、詳しく解説した。
⇒静岡大学のアンテナが台風で壊れている。
・Raspberry PiとSDRを組み合わせて小型の受信システムを構築。(写真参照)
⇒詳細はHPに出してほしいと要望あり。
⇒全てAMAZONで購入可能。

後藤(JA3NAS)
・自宅のタワー上の衛星用アンテナの同軸が外れており、年内には修理する予定。
⇒NEXUSには間に合わせたい、
・関東エリアの無線局の免許について、継続更新をした。
⇒FT-847(100W機)が含まれていて、平成34年まで変更するように但し書きがあった。
⇒継続更新ばかりやっていて、構成が分からなくなっていて、FT-847が第N送信機なのか
分からなくなっている。(免許申請ドキュメントを保存していたUSBのPWを忘れてし
まっている)
⇒全て置き換えで変更申請をしようか考えている。

次回は、12月15日になります。年末で忘年会を開催します。会場は既に予約済みですが、改めて開催案内で広報します。

今回10月度の東京ミーティング終了後、会議室のあるビルの地下の「ちゃくら」で懇親会を開催いたしました。5名の参加です。

<2018年度 東京ミーティング年間スケジュール>
偶数月の第3土曜日とします。
4月21日:開催終了
6月16日:開催終了
7月21日:開催終了
10月20日:開催終了
12月15日
会場については、都度ご案内します。

以上

Raspberry PiにDSPを取り付け(JI1SZP製作)

Raspberry PiとSDRを組み合わせ、下はバッテリ(JI1SZP製作)

会議中風景

会議終了後