JAMSAT 50th Anniversary Award

2022年5月30日制定

English version

日本アマチュア衛星通信協会(JAMSAT)では、下記の通りJAMSAT50周年を記念してアワードを制定いたしました。

【アワード規約】
1.目的:
当協会はアワードを発行して、JAMSAT50周年を祝いアマチュア衛星通信の活性化と通信技術の向上に寄与します。

2.名称:
アワードの名称は「JAMSAT 50th Anniversary Award」

3.アワード取得に必要な条件:

a.コールサインと衛星ごとに下記のポイントとして、50ポイント以上を獲得する

  • JAMSAT会員外との交信      1
  • JAMSAT会員との交信          2
  • JAMSAT役員との交信          5 JA1CUF, JA1DAO, JA1OGZ, JG1KOE, JO1LDY, JA3GEP, JA3NAS, JH3BUM, JH4DHX, JH4PHW, JA0FKM, VK9QO (2022年6月現在有効な局)
  • JAMSAT HQ局                   10

b.運用モードが違っても 1衛星1回の交信のみカウントします
c.交信は2wayのみとし、クロスモードの交信はアワードの対象としません
d.SSB、CWなどの特記はありません
e.交信証は従来からの紙のQSLカードに加えて、eQSLやLoTWなどの電子QSLでも当Awardに必要な衛星名を明記できているものは有効とします
f.アマチュア局のライセンス範囲で利用できる衛星で通信したものが有効です。(注意:日本の場合はバンドプランに沿って運用できる衛星で通信したものが有効になります)

4.アワードに有効な交信:
2022年1月1日から2022年12月31日までの交信を有効とします。

5.申請書の形式:
形式は問いませんが、JARL制定のものに準じた形式でQSL保有を自己誓約していただければQSLの提出は不要です。JARL版をお持ちでない方はこちらのリンク先のEXCELに埋めていただいても構いません

6.発行の形式と申請料:
発行番号なしのPDFによる発行のみとして電子メールでお送りします。 申請料は無料です

7.申請書の送り先:
電子メールによる受付のみJH4PHWアットマークjamsat.or.jp アットマークは@に修正してください

7.申請書期間
申請は2022年7月1日より2023年6月30日まで受け付けます

JAMSAT会員で会員であることを公開してよい方は申請先までお知らせください。2ポイント局として公開させていただきます。

公開を了承いただいた会員

JA1CPA, JA1NWR, JF1PTU, JH1MKU, JE2PHJ, JH2DFJ, JH4XSY, JR6RMK, JA7FKF

FAQ:

  • 免許の範囲内での運用ですので日本の免許での申請はバンドプラン外のXW-2A,
    XW-2B, XW-2C, AO-7のモードBでの申請はできません
  • 移動識別の表示された局は同一DXCCエンティティ内は同一の局として扱います
  • アワードにはポイントや発行番号は掲載されないので50ポイントを超えた方は
    早めの申請にご協力をお願いします