<html><head><meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8"></head><body dir="auto"><div><span></span></div><div><meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8"><div><span></span></div><div><meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8"><div><span></span></div><div><span>OM各位様</span><br><span></span><br><span>お世話になっております、JG1TOL</span><br><span>渡邉です。</span><br><span></span><br>色々とお騒がせしております。</div><div>申し訳ございません。</div><div><br></div><div><span>本件、皆様から頂いた情報と最下記</span><br><span>サイトの情報から、</span><br><span></span><br><span>・cubesatでは受信強度が最大で</span><br><span>    15dB乱高下する可能性</span><br><span></span><br><span>について考察しております。</span><br><br><span>cubesatの姿勢が相当に不安定</span></div><div><span>「そうである」原因として</span><br><span></span><br><span>・カルマン渦が発生している</span><br><span></span><br><span>のでは無いかと考えております。</span><br><span>※摂動が起こる以上、空気抵抗は</span><br><span>    ゼロでは無い認識です。</span><br><span>  (摂動の要因は空気抵抗以外にも</span><br><span>      様々である事は認識しております)</span></div><div><span><br></span></div><div>※cubesatの筐体は余りにも角張り</div><div>    過ぎて居る様に感じられます。</div><div>    質量も軽いですし。</div><div><span></span><br><span>近々、流体力学の勉強を始めるつもり</span><br><span>です。エクセルを使ってカンタンに</span><br><span>出来そうな書籍が沢山ありますので</span><br><span>色々漁ってみます。</span><br><span></span><br><span>また、クロス八木(僕は下記サイトに</span><br><span>載っている「ハの字」で行きますが)</span><br><span>に、</span><br><span>・位相給電を行った場合</span><br><span>と</span><br><span>・位相給電を行わなかった場合</span></div><div><span></span><br><span>をスペアナで経時的に測って見る</span><br><span>つもりです。</span><br><br><span>※本業で使用している2.4Ghzの</span><br><span>スペアナを使用します。波の性質が</span><br><span>弱まる事や直進性の高さから、</span><br><span>Ghz帯で試験する方が望ましいと</span><br><span>考えて居ります。</span></div><div><span><br></span></div><div><div>以下、参考にしたサイトのリンクです。</div><div><br></div><div><a href="https://www.icom.co.jp/beacon/backnumber/technical/antenna/002.html" style="background-color: rgba(255, 255, 255, 0);"><font color="#000000">https://www.icom.co.jp/beacon/backnumber/technical/antenna/002.html</font></a></div></div></div></div></body></html>