<HTML><HEAD></HEAD>
<BODY dir=ltr>
<DIV dir=ltr>
<DIV style="FONT-SIZE: 12pt; FONT-FAMILY: 'Calibri'; COLOR: #000000">
<DIV><FONT style='face: "MS' Pゴシック?>皆様</FONT></DIV>
<DIV><FONT style='face: "MS' Pゴシック?>下記の案内をいたします。よろしくお願いします。</FONT></DIV>
<DIV><FONT face="MS Pゴシック"></FONT> </DIV>
<DIV><FONT face="MS Pゴシック">第5回小型衛星の科学教育利用を考える会<BR>URL:</FONT><A 
style='href: "https://wwp.shizuoka.ac.jp/sess/"'><FONT 
face="MS Pゴシック">https://wwp.shizuoka.ac.jp/sess/</FONT></A><BR><BR><FONT 
face="MS Pゴシック">日程 2017年8月4日12時頃~5日15時頃(予定)<BR>    4日の18時頃より懇親会 (参加費 3500円程度) 
を予定しております。<BR>    また、静岡大学の地上局の見学を予定しております。<BR>    </FONT><A 
style='href: "http://stars.eng.shizuoka.ac.jp/"'><FONT 
face="MS Pゴシック">http://stars.eng.shizuoka.ac.jp/</FONT></A><BR><BR><FONT 
face="MS Pゴシック">会場 静岡大学 浜松キャンパス 総合棟10階会議室<BR>   </FONT><A 
style='href: "https://www.shizuoka.ac.jp/access/"'><FONT 
face="MS Pゴシック">https://www.shizuoka.ac.jp/access/</FONT></A><BR><BR><FONT 
face="MS Pゴシック">招待講演<BR>8月4日  西尾正則 
氏(愛知工科大学)<BR>     通信できなきゃCubeSatはただの箱-確実な衛星通信をするために-<BR>     坪井俊輔 
氏(株式会社うちゅう)<BR>     今後の宇宙教育とは?〜小型衛星の教育利用の存在意義について〜<BR>8月5日  河村聡人 
氏(京都大学)<BR>     NASA全世界同時ハッカソン SpaceApps Challenge 2017 
日本開催で見えた衛星と社会と教育<BR><BR><BR>[参加申込]<BR>以下のURLから申し込み下さい。<BR><BR>申込先URL: </FONT><A 
style='href: "http://ow.ly/VDcL30cdnwk"'><FONT 
face="MS Pゴシック">http://ow.ly/VDcL30cdnwk</FONT></A><BR><BR><FONT 
face="MS Pゴシック"># 一般講演を募集します。講演ありの場合の申込締切は、7月11日 (火) です。<BR># 
講演なしの方も、できるだけ事前にお申し込みください。<BR># 懇親会の申込締切は、7月28日 (金) です。<BR># 
講演いただいた内容は、ウェブで公開する予定です。<BR> 公開用のファイル(発表等で用いたパワーポイントのファイルで結構です)を、<BR> ご用意ください。当日のご発表等の後、ファイルを集めたいと思います。<BR> ご協力をお願い致します。<BR><BR>問い合わせ先:渡辺(t_watanabeあとまーくimc.hokudai.ac.jp)<BR><BR>主催 「小型衛星の科学教育利用を考える会」実行委員会<BR>   
[委員:松村雅文**(香川大学)、能見公博**(静岡大学)、<BR>  渡辺謙仁*(北海道大学)、有本淳一(京都市立京都工学院高等学校)、<BR>  内山秀樹(静岡大学)、藤井大地(平塚市博物館)、中串孝志(和歌山大学)、<BR>  野澤恵(茨城大学)、平山寛(秋田大学)、深井貫(JAMSAT)、<BR>  有田祥子(静岡大学)<BR>  **協同代表 *幹事]<BR><BR>概要<BR><BR> 「第5回小型衛星の科学教育利用を考える会」は、8月5日(金)~6日(土)、<BR>浜松で開催します。本会は、”小型衛星”と”教育”をキーワードとして<BR>1年に2回行っており、小型衛星の教育利用の可能性を中心に、<BR>小型衛星に関する今後の協力体制、活動、展開を等を議論しています。<BR>今度の開催地の近くの愛知工科大学、開催地の静岡大学では、それぞれ<BR>「AUTCube2」と「Stars-AO」(いずれもCubeSat)が開発されており、平成30年度に<BR>H-IIAロケットで打ち上げられることが決定しています。このため、<BR>このタイミングで本会を行うには、浜松は最適の地と考えています。<BR>招待講演は、企業、大学、市民有志という様々な立場から、衛星やそのデータを<BR>教育・イベントに活用されている3名の方々にお願いしています。<BR>他の方々からの講演も広く募集し、参加者相互での衛星の教育利用に関する<BR>情報交換や議論、人的交流を進めていきたいと考えています。<BR> また「衛星電波受信実験の教育利用」について、静岡大附属浜松中学校での実践が<BR>報告される予定です。この研究は、今までの本会での議論が基になっており、<BR>現在進行中です。実際の授業や他の場面で使用できる教材の開発や、<BR>高校等も含めた今後の具体的実践について議論を深め、更に教育実践に<BR>協力いただける方を募りたいと考えております。小中学校や高等学校の教員の方、<BR>科学館の方のご参加を歓迎致します。<BR> 更に、Stars-AO(Stars 
for Astronomical 
Observation)についても、お手軽な<BR>超小型望遠鏡衛星として、天文観測・地球観測を目的に天文教育等の科学教育へ<BR>利用していくことを考えています。<BR> ”小型衛星”と”教育”のキーワードに関心を持つ、幅広いバックグラウンドからの<BR>皆さまの積極的なご参加を期待しております。<BR><BR></FONT>
<DIV 
style='FONT-SIZE: small; TEXT-DECORATION: none; FONT-FAMILY: "Calibri"; FONT-WEIGHT: normal; COLOR: #000000; FONT-STYLE: normal; DISPLAY: inline'></DIV>
<DIV dir=ltr>
<DIV style="FONT-SIZE: 12pt; FONT-FAMILY: 'Calibri'; COLOR: #000000">
<DIV 
style='FONT-SIZE: small; TEXT-DECORATION: none; FONT-FAMILY: "Calibri"; FONT-WEIGHT: normal; COLOR: #000000; FONT-STYLE: normal; DISPLAY: inline'>
<DIV 
style="FONT-SIZE: 12pt; FONT-FAMILY: 'Calibri'; COLOR: #000000">****************************<BR>深井 貫<BR>fukai.kan0203@jcom.home.ne.jp<BR>****************************</DIV></DIV></DIV></DIV></DIV></DIV></DIV></BODY></HTML>