<div dir="ltr"><div>jamsat-bbをご覧のみなさま</div><div><br></div><div> 下記の通り大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)から宇宙工学</div><div>講座開催の案内が2つやってきております。転送いたしますので、ぜ</div><div>ひ参加をご検討ください。</div><div><br></div><div> またJAMSATはUNISECの非営利団体賛助会員になっております</div><div>ので、JAMSAT会員の方の受講料もUNISEC会員と同額になります。</div><div>直接お申し込みいただけばよろしいのですが、念のため(3名を超え</div><div>たりしないように!)JAMSAT事務局窓口か私、小黒までご連絡くだ</div><div>さい。</div><div><br></div><div>----------------</div><div><br></div><div>▼講座 名 衛星製作開発に必要な電子回路設計</div><div><br></div><div>▼講  師</div><div> 東京 大学工学系研究科航空宇宙工学専攻中須賀・船瀬研究室</div><div> 研究 補佐員 里 誠</div><div><br></div><div>▼講義 概要又は目的</div><div>小型衛 星に限りませんが、現代のシステムでは、すべての論理処理</div><div>をプロ セッサによっています。したがってプロセッサとのインタ</div><div>フェー ス、信号処理が電子回路設計の大きなウエイトを占めます。</div><div>このこ とを前提に、電子回路の基礎をおさらいしつつ、ディジタル</div><div>素子の 電源電圧の多様化に対応した電源構成の考え方、機能配分の</div><div>考え 方、実装方法、素子のディレーティング等、小型衛星の製作に</div><div>役立つ 設計を学習します。</div><div> </div><div>▼開催 日時</div><div>10/11(日)</div><div> 1時限目  13:30-15:00 </div><div> 2時限目  15:15-16:45</div><div>(質問 等で-17:00)</div><div>10/12(月、 祝)</div><div> 3時限目  9:15-10:45</div><div> 4時限目 10:55-12:30 ※試 験・認定書授与も含む</div><div>▼開催 場所 </div><div> 東京 大学本郷キャンパス 山上会館 会議室201-202</div><div><a href="http://www.sanjo.nc.u-tokyo.ac.jp/sanjo/contact/">http://www.sanjo.nc.u-tokyo.ac.jp/sanjo/contact/</a></div><div> </div><div>▼申込 み方法(以下からご登録ください)</div><div><a href="https://goo.gl/x703V5">https://goo.gl/x703V5</a></div><div>▼申込 締切 </div><div> 10月8日 (木)</div><div> </div><div><br></div><div>▼講座名 システム安全の基礎と応用</div><div>      ~CubeSatのハ ザード管理の事例紹介と設計のポイント~</div><div>▼講 師</div><div> 大阪 府立大学  助教 南部陽介</div><div>▼講義 概要又は目的</div><div> 相乗 り小型衛星が直面する大きな壁:システム安全の基礎と応用</div><div>について,実例を交えて解説する。</div><div>「安全 審査」という言葉を聞いたことがあると思います。相乗り小</div><div>型衛星は、主衛星およびロケット、並びに関係する人員や射場等に対</div><div>して「安全」であることを事前に示し、主衛星開発機関の合意を得る</div><div>ことなしには,宇宙へ運ばれません。では、いかにして「安全なシス</div><div>テム」であることを示せば、その主張が正しいと認めてもらえるので</div><div>しょう?残念ながら、その問いに答えてくれる教科書はありません、</div><div>参考になる文書があったとしても、大学生が手軽に読めるようなもの</div><div>ではありません。そこで,本講座では、2014年2月にH-IIAロケッ</div><div>ト23号機により打ち上げられた超小型衛星OPUSATの開発経験を元に、</div><div>システム安全の基礎と応用について、極力わかりやすく解説します。</div><div> </div><div>▼開催 日時</div><div>10/24(土)</div><div> 1時限目  13:30-15:00  2時限目  15:15-16:45</div><div>10/25(日)</div><div> 3時限目   9:15-10:45  4時限目  10:55-12:25 </div><div>▼開催 場所</div><div>東京工 業大学キャンパスコミュニケーションセンター</div><div>(CIC、 東京田町)多目的室1</div><div><a href="http://www.tamachi.jim.titech.ac.jp/cic/cic_index.html">http://www.tamachi.jim.titech.ac.jp/cic/cic_index.html</a></div><div> </div><div>▼申込 み方法(以下か ら登録下さい)</div><div><a href="https://goo.gl/MCxwNI">https://goo.gl/MCxwNI</a></div><div> </div><div>▼申込 締切 </div><div> 10月22日 (木)</div><div>(※申込みが規程人数に達しない場合は延期することがあります)</div><div><br></div><div><br></div><div>-----------------------</div><div>上記2 講座共、授業料は以下です。 </div><div>・UNISEC会員 :43,200円 (内、消費税3,200円) </div><div> ※法 人会員の会員枠は1団体3名まで</div><div>・非会員   :54,000円 (内、消費税4,000円)</div><div>(学 生)</div><div>・UNISON(学生 会員):10,800円 (内、消費税  800円)</div><div>・非会員       :21,600円 (内、消費税1,600円)</div><div>-----------------------</div><div><br></div><div class="gmail_signature"><div dir="ltr">-------------<div><a href="mailto:JG1KOE@gmail.com" target="_blank">JG1KOE@gmail.com</a></div><div> Tsunetaka Oguro</div></div></div>
</div>