[jamsat-bb:19302] RE: Re: お尋ね:NEXUS

ja1cpa tv3e-nkmr @ asahi-net.or.jp
2019年 2月 14日 (木) 10:02:05 JST


上田さん

積極的な制御は、なしとのこと了解しました。
打ち上げた直後の1月19日のスピンはゆっくりだったと
思いますので、使用している電流によって変化しているのでしょうね。

AO-73も同じようになっていて、トラポンをON/OFFしているようです。
そのためか、かなり変化をしています。
がんばってください。

JA1CPA 中村


差出人: 上田穂積
送信日時: 2019年2月14日 8:15
宛先: 必読リスト:アマチュア無線衛星に関する自由な情報交換の場
件名: [jamsat-bb:19301] Re: お尋ね:NEXUS

中村さん

17日 お世話になります。

NEXUSは何も姿勢制御できません。
今 日大でなんらかの電流のオン オフで
回転を止めたりできないのか?
検討が続いています。
(地上のEMでも試験しています。)
このため、みなさんからの受信データ
さらに HPからの指示にご協力を
お願いします。

上田
iPhoneから送信

2019/02/13 23:37、ja1cpa <tv3e-nkmr @ asahi-net.or.jp>のメール:
上田さん
 
こんばんは
JA1CPA 中村です。
17日はよろしくお願い致します。
了解です。
NEXUSは3軸制御しているのでしょうか?
そんな感じがホームページに有ったような気がしますが。
よろしくお願い致します。
 
差出人: Hoz_Ueda JA0FKM
送信日時: 2019年2月13日 23:24
宛先: '必読リスト:アマチュア無線衛星に関する自由な情報交換の場'
件名: [jamsat-bb:19298] Re: お尋ね:NEXUS
 
皆さん
 
 といっても、すべての場所で受信方向を軸に衛星が回っている事はありません。
またすべての場所で、アンテナの水平、垂直に合って回転軸があるわけでもありません。
 姿勢制御出来ていれば、いろいろな事が考えられますが、1Uは大変 苦労させられます。
 結論は
  いろいろな場所で、いろいろなアンテナで受信してデーターを集めるしかない。
 このための地上のネットワークと自動的に集めてくれるソフトをまとめるしかないでしょうね。
 
 これからの開発を期待しています。
上田 JA0FKM
 
From: JAMSAT-BB [mailto:jamsat-bb-bounces @ jamsat.or.jp] On Behalf Of vzk02541 @ nifty.ne.jp
Sent: Wednesday, February 13, 2019 9:54 PM
To: 必読リスト:アマチュア無線衛星に関する自由な情報交換の場 <jamsat-bb @ jamsat.or.jp>
Subject: [jamsat-bb:19297] Re: お尋ね:NEXUS
 
JA1CPA/中村様 NEXUSチーム 各局
 
早速のコメント有難うございます。
 
プロペラの例えで解説戴きましたが、図にすると添付のようになると思います。
 
X軸方向に地球観測点があったとします。
 
1. 例として、衛星の回転がx軸まわりだった場合、円偏波ANTを使用するとQSBは100%消滅
2. 同じく、回転がy軸周りの場合、円偏波ANTの効果はゼロ
3. 現実は、x、y、z軸の回転の合成で、衛星ごとに異なるので、円偏波ANTの効果は残るものの完璧ではない
 
と言ったところでしょうか?
 
JE0JDY/aiki
 
 
From: ja1cpa 
Sent: Wednesday, February 13, 2019 6:25 PM
To: 必読リスト:アマチュア無線衛星に関する自由な情報交換の場 
Subject: [jamsat-bb:19295] RE: Re: お尋ね:NEXUS
 
相木様
NEXUS開発チーム様
皆様
 
JA1CPA 中村です。
非常に興味の有るデータをありがとうございます。
私も円偏波の取得数が少ないのを気にしたいました。
 
実は、私はいろいろな衛星の電波の受信強度を、主に円偏波アンテナと
直線偏波アンテナで比較測定しています。
 
本来、衛星から直線偏波が発射され、それがスピンによって偏波面が変化し、
それを直線偏波アンテナで受信すると信号が上下に変動するのが一般的です。
 
一方で円偏波アンテナは垂直偏波アンテナに比べてゲインが3dB少なくなりますが、
衛星の偏波面の変化の影響が少なく受信できます。
 
ただし、この時の衛星のアンテナのスピンが飛行機のプロペラを正面から
見たように地球から見える時です。
 
さらに衛星からは、衛星本体からの発射や反射が有って、通常のモノポール特性
にはなっていない可能性も有ります。(MMANAシミュレーションで)
 
一方で、このNEXUSの信号強度を測定すると、垂直偏波アンテナで受けたのと同じくらいの
変動を円偏波アンテナでもしています。
 
従って、地球からNEXUSを見たときにはスピンが飛行機のプロペラを正面から
見たように見えない。すなわち、プロベラを横から見たように見える可能性が有ります。
また、スピンも打ち上げ時に比べてだんだん早くなっているようです。(信号の上下動が早い)
 
とりあえずは、円偏波アンテナと垂直・水平アンテナのゲインの違いが大きいと
思いますが、他にも原因があるかも知れません。
 
アマチュア無線の音声通信の場合は、信号が強ければ良いのですが、
PKTの場合は偏波面の変化が影響するのかどうか、非常に興味が
有るところです。
NEXUS開発チーム様のさらなる研究が楽しみです。
 
なお、ここに私が測定している、信号強度を掲載しています。ご参考まで。
https://ja1cpa.jimdo.com/衛星通信/23-円偏波アンテナは必要か/
よろしくお願い致します。
 
 
差出人: mailto:cubesat.nexus @ gmail.com
送信日時: 2019年2月13日 11:54
宛先: 相木国男
CC: 必読リスト:アマチュア無線衛星に関する自由な情報交換の場
件名: [jamsat-bb:19293] Re: お尋ね:NEXUS
 
相木様,皆様
いつも大変お世話になっております.
 
日本大学NEXUS開発チームの山田です.
お問い合わせいただいた件について,回答
させて頂きます.
 
1.円偏波での取得パケット数について
 円偏波と水平・垂直偏波は,別のアンテナで受信しており,
円偏波のアンテナは受信利得が18.5 dBi,水平・垂直偏波の
ダイバーシティアンテナは24.0 dBiとなっていますので,単純に
円偏波と水平・垂直偏波を,取得パケット数で比較することは
できないと考えていおります.Twitterや運用情報ページには,
参考値として,各偏波での取得パケット数を掲載しております.
 
2.データの取得方法について
 ご指摘の通り,3系統のANT-RX-TNCを用意し,
水平,垂直,円偏波を同時にデコードしております.
円偏波と水平・垂直偏波の受信系統の違いは,使用
している無線機のみであり,円偏波はIC-910D,
水平・垂直偏波はIC-9100という無線機を使用しております.
 
以上,回答させていただきます.


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆
*◆*
◇◇ 日本大学理工学部 航空宇宙工学科
*◆*  宮崎・山崎研究室
◇◇   NEXUS開発チーム
*◆*
◇◇ Miyazaki Yamazaki Lab.
*◆*  Dept.Aerospace Engineering,
◇◇   Col.Science and Technology,
*◆*    Nihon University
◇◇
◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇
◇::TEL:: 047-469-5430
◆::Mail:: cubesat.nexus @ gmail.com
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆
 
2019年2月13日(水) 8:58 <vzk02541 @ nifty.ne.jp>:
NEXUSチーム 他各局
 
1.  https://twitter.com/GsNihonuniv情報で、PKT取得数が、
 
水平  垂直  円偏波
   1280  1546  1134
    309   258    21
     91   311   170
    505   556   420
    630   728   568
    610   779   260
   ・・・・・・・・・・
とあり、円偏波での値が期待に反して低めです。
なぜでしょうか?
 
2.  データの取得方法について
どの様にして、同時に、水平・垂直・円偏波 をデコードしていますか?
独立した3セットの ANT-RX-TNC を使用しているのでしょうか?
 
お尋ねまで
 
JE0JDY/aiki 
 
 


-------------- next part --------------
HTMLの添付ファイルを保管しました...
URL: <http://www.jamsat.or.jp/pipermail/jamsat-bb/attachments/20190214/1b7216a2/attachment.html>


JAMSAT-BB メーリングリストの案内