[jamsat-bb:19075] 衛星自動追尾(LVBトラッカー)基板製作

JM3DUR/takahisa shimamura jm3dur @ jarl.com
2018年 7月 10日 (火) 22:10:55 JST


こんばんは。
JM3DUR 島村です。

以前からCALSAT32でPICNICを使ったコントロールで
衛星通信の自動追尾をしてきました。

色々試してみたく思って、
FOX DELTAで配布されている電子工作キット
のST-2-0417/USB(LVBトラッカー互換)を
作ってみました。
価格は、US65ドルと手数料で約1万円弱です。

http://www.foxdelta.com/products/st2-0417.htm

詳しくは、JAMSATニュースレター次号掲載予定です。

PCからUSBでコントローラに繋いで
衛星の追尾が自動コントロールできます。
PC=USB==ST-2コントローラ==ローテータコントローラ==ANT
電源はUSBからとるようになっていました。

YAESU GS232Bプロトコル互換です。

通信は、もともとRS232C接続で、コマンドをPCから送る制御みたいです。

USB-RS232Cコンバータは、CH340Gを使っています。
ドライバーもネットで入手しました。

小生の基板は、パターンミスがありU3の10番がTR1の+12Vに
繋がっていました。ここをパターンカットすることで正常動作しました。

CALSAT32でテストするため
JA7FKF佐藤氏のSatChaserを使用させていただき、順調に
動作しております。
水平角が360度〜450度へもコントロールでき、結構助かっています。

アドバイス頂きました各局にお礼申し上げます。
-- 
JM3DUR  島村 隆久 takahisa shimamura
<jm3dur @ jarl.com>




JAMSAT-BB メーリングリストの案内