[jamsat-bb:18984] 「第4回 小型衛星の科学教育利用を考える会」につきまして

深井 貫 fukai.kan0203 @ jcom.home.ne.jp
2017年 3月 12日 (日) 17:23:12 JST


みなさんへ

プログラムの公開が遅れまして,誠に申し訳ございません.
皆様に当日お目にかかれることを楽しみにしております.
===============================================
第4回小型衛星の科学教育利用を考える会
URL:http://uchiyama1.ed.shizuoka.ac.jp/~sess/

日程 2017年3月18日12時55分~19日12時05分
    18日の19時より懇親会 (参加費 3500円、会場 小倉駅前) を予定しております。 

    また、18日の16時より九州工業大学の宇宙環境技術ラボラトリーの見学を予定しております。
    http://laseine.ele.kyutech.ac.jp/

会場 九州工業大学 戸畑キャンパス コラボ教育支援棟1F
   (下記URLキャンパスマップの31番)
   http://www.kyutech.ac.jp/information/map/tobata.html


----------------------------(プログラム)----------------------------


(招待講演1件あたり30分か40分。一般講演1件あたり20分。
 講演と質疑応答の時間配分はお任せします。)


一日目
12:55 実行委員会代表挨拶・趣旨説明(松村)


13:00 第一部(座長:深井)
13:00 一般講演1 今井一雅(高知高専)
     高専スペース連携による超小型衛星開発について(3)
13:20 一般講演2 北村健太郎(徳山工業高等専門学校 機械電気工学科)
     徳山高専におけるCubeSat開発及び専攻科授業への展開
13:40 一般講演3 中山大也(風船部)風船を飛ばして宇宙から撮影。
14:00 一般講演4 阿部新助(日本大学理工学部 航空宇宙工学科)
     小型衛星ミッションと地上観測のコラボレーション


14:20 休憩


14:30 第二部(座長:渡辺)
14:30 招待講演1 山崎政彦(日本大学理工学部)
     超小型衛星教育キットHEPTA-Satを用いたハンズオントレーニング
15:10 一般講演5 藤由嘉昭(東亜天文学会)ロケット交流会参加報告
15:30 一般講演6 中山大輔(九州工業大学/SOMESAT)SOMESATのCANSAT


15:50 休憩と移動


16:00 宇宙環境技術ラボラトリー見学


17:00 休憩と移動


17:10 第三部(座長:中野)
17:10 一般講演7 中村真理(リーマンサットプロジェクト)親子で創る小さな宇宙船 

17:30 招待講演2 中村直樹(九州工業大学)BIRDS Satellite Project


18:00 一日目終了
19:00 懇親会(参加費:3500円、会場:小倉駅前を予定)


二日目
10:00 第四部(座長:中串)
10:00 一般講演8 中根純夫(AMSAT TAPR)小型衛星からの高速通信・多量通信
10:20 一般講演9 能見公博(静岡大学)低軌道衛星STARS-Cの光学観測


10:40 休憩


10:50 第五部 パネルディスカッション
     超小型衛星等の開発・利用の動向と本会の目指すところ(座長:松村)
    パネラー 松村雅文(香川大学)
         能見公博(静岡大学)
         渡辺謙仁(北海道大学)
         中串孝志(和歌山大学)


12:00 地元世話人挨拶(中野)
12:05 終了


両日展示 山本親弘(九州工業大学)衛星写真と航空写真の教育利用


------------------------(プログラムここまで)------------------------


[参加申込]
以下のURLから申し込み下さい。


申込先URL: http://ow.ly/R3oL307TuJu


# 発表の申し込みは締め切りましたが、発表無しのご参加を歓迎します。
 できるだけ事前にお申し込みください。
# なお、懇親会の申込締切は、3月11日 (土) です。
# 発表・話題提供いただいた内容は、ウェブで公開する予定です。
 公開用のファイル(発表等で用いたパワーポイントのファイルで結構です)を
 ご用意ください。当日のご発表等の後、ファイルを集めたいと思います。
 ご協力をお願い致します。


問い合わせ先:渡辺(t_watanabeあとまーくimc.hokudai.ac.jp)


主催 「小型衛星の科学教育利用を考える会」実行委員会
   [委員:松村雅文**(香川大学)、能見公博**(静岡大学)、
  渡辺謙仁*(北海道大学)、有本淳一(京都市立京都工学院高等学校)、
  内山秀樹(静岡大学)、藤井大地(平塚市博物館)、中串孝志(和歌山大学)、
  野澤恵(茨城大学)、平山寛(九州大学)、深井貫(JAMSAT)、
  中野多恵(九州工業大学)
  **協同代表 *幹事]


概要
 “CubeSat”と呼ばれるような(超)小型衛星は、色々な可能性を秘めており、
大学や高専等でも開発が可能であるため、近年、多くの注目を浴びている。
本研究会では、小型衛星の一つの可能性として、教育への応用を考えている。
衛星開発は大人のみならず、子ども達にも大きな関心を引き起こす。
しかしながら、小学校・中学校等における理科教育の内容(地球、宇宙など)は、
衛星と関係ありそうで、具体的な関連付けは必ずしも容易ではなく、
これまで関連付けての実践等はなされてこなかった。
だが、CubeSatの誕生によって、むしろ衛星を用いることで教育的に意義深い
科学的な探究活動を児童生徒が行うことが可能になった。
近年は、公共天文台やアマチュア天文家によって、光学的な衛星の観測などの
協力体制が構築されつつあり、社会教育上の効果への期待も広がっている。
 本研究会では、以上の状況を考え、”小型衛星”と”教育”をキーワードとし、
興味あるメンバーが情報や意見の交換等を行って、小型衛星の教育利用の
可能性を考察し、今後の協力体制、活動、展開等を追求していく。
第一回研究会は2015年8月21・22日に北海道大学で、第二回研究会は
2016年3月21日に平塚市博物館で、第三回研究会は2016年8月24・25日に
京都工学院高等学校で開催し、有益な情報交換ができ、成功裏に閉会した。
そして本研究会での議論をもとにした、衛星を用いた具体的な教育実践の準備が
始まっている。
 第四回研究会では、過去3回の研究会に参加できなかった方との情報交換、
そして今後の具体的な教育実践について集中的に議論することを計画している。
CubeSatの開発・運用や、それを用いた教育の体制作り、予算獲得などに
ついて、具体化していきたい。小型衛星の科学教育利用に関心を持つ皆様、
そしてCubeSatに関心を持つ皆様の積極的な参加を期待する。


===============================================
以上

****************************
深井 貫
fukai.kan0203 @ jcom.home.ne.jp
**************************** 




JAMSAT-BB メーリングリストの案内