[jamsat-bb:18934] ISSへのuplink周波数について

Akira Kaneko ja1ogz @ jcom.home.ne.jp
2016年 9月 17日 (土) 08:09:30 JST


ISSとの交信について、大西宇宙飛行士と多くのアマチュア局と交信ができておりま
すが、
関東では毎朝のように、145.800MHzの周波数でNA1SSと呼び続けている局が散見され
ます。
宇宙飛行士は145.8MHzでは受信しておりませんので、ここでのCALLはをしても無駄に
なります。
ISSから送信した電波は、呼び続けている局により、ブロックされてしまいますの
で、ご注意を!!

地上側から呼び出しをすることは、ご法度です。

注意事項とUPLINK周波数
http://www.jarl.org/ariss/
から引用

3.3	 一般交信は、地上でおこなわれている交信と同じで、CQを出して、それに
応答してきた局と交信するもので、ARISSの委員会が直接関与することはありませ
ん。また、DXペデションのように、交信日時を予告しておこなうこともあるでしょ
う。ARISSでは、一般交信の周波数を、当面、次のように決めてありますので、これ
を守って交信してください。

ダウンリンク (音声およびパケット:世界共通)	145.80MHz
アップリンク (パケット:世界共通)	145.99MHz
アップリンク (音声:第一地域)	145.20MHz
アップリンク (音声:第二地域、第三地域)	144.49MHz

 パケットを除いて、地上側からISSを呼び出さないで、ISS側からのCQもしくは
「QRZ?」に対して応答するだけにしてください。

JARL HPより
http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2016/2016_news-9.htm#0916a

どうぞよろしくお願いします。

Akira Kaneko, 金子 明




JAMSAT-BB メーリングリストの案内