[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index][JAMSAT Home]

[jamsat-news:2347] JAS-2info #426


-========================   最新情報   =============================

        Last updated  7Apr2007   20:00(JST)   #426
        
====================================================================

1)アマチュア通信衛星情報FOシリーズのテレメトリ
  
。藤蓮檻横垢錬横娃娃掲4月7日(土)の15:50(JST)のパスでは
 アナログ系運用でCWテレメトリーが聞こえてきました。本日まで取得した
 テレメトリーと分析結果を報告しておきます。

AS52532  7Apr2007
15:50-16:03(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
182  262  342  50.3
Freq. 435.804-.787Hz
Mode   CW
(JAS-2  No.181 A 0-930)

HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 94 7E 68 61 93 92 B1 73 B0 AF AC AB AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 90 8C 6A 61 93 92 B1 9E B0 AF AC AB AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 88 97 69 61 94 93 B0 71 B0 AF AC AB AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 7D A0 6C 61 94 93 B0 86 B0 AE AC AB AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 72 A5 71 61 94 94 B0 7D B0 AE AC AB AB
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 67 A6 74 61 95 94 B0 68 B0 AE AC AA AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 5D A3 74 61 95 94 B0 7C B0 AE AC AA AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 55 9D 75 62 95 94 B0 IF B0 AE AC AA AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 50 94 75 62 95 95 B1 8F B0 AE AC AA AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 4F 8A 72 62 95 95 B0 78 B0 AE AC AA AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 52 80 6F 62 95 95 B0 82 AF AE AB AA AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 57 76 6D 62 95 95 B0 AF AE AE AB A9 AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 60 6E 6C 6E 96 95 B0 7D AF AE AB A9 AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 6A 68 6A 62 95 96 B0 93 AF AE AB A9 AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 76 65 65 62 95 96 B0 85 AF AE AB A9 AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 82 66 65 62 96 96 B1 77 AF AD AB A9 AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 8D 6B 64 62 96 96 B0 7E AF AD AB A9 AB 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 96 73 64 63 96 96 B0 6E AF AD AB A9 AB 
 
AS52531  7Apr2007
1409-14:20(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
131   64  360  28.6
Freq. 435.797-.787Hz
Mode   CW
(JAS-2  No.180 B 2720-3120END)
                                                          
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 78 99 79 63 96 96 B1 89 B4 AB AA B2 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 79 9E 77 63 96 96 B1 68 B4 AB AA B2 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 7A 9E 75 63 96 97 B1 7D B4 AB A9 B2 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 7C A3 73 63 96 97 B0 94 B4 AB A9 B2 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 80 A5 71 63 96 97 B0 9E B4 AB A9 B2 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 85 A4 6C 63 96 97 B0 84 B4 AB A9 B2 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 34 8B A1 6A 63 97 97 B1 84 B4 AB A9 B2 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 92 9C 68 63 97 97 B0 7A B4 AB A9 B2 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 98 97 68 63 97 97 B0 A4 B4 AB A8 B1 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 9D 91 64 63 97 97 BO A6 B4 AA A8 B1 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 A0 8D 5E 63 97 98 B0 95 B3 AA A8 B1 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 A2 8A 5D 63 97 97 B0 74 D3 AA A8 B1 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 A1 89 5A 63 97 98 B0 96 B3 AA A8 B1 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 9D 8B 58 63 97 98 B0 77 B3 AA A8 B1 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 97 8F 57 63 97 98 B0 75 B3 AA A8 B1 AE 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 8E 95 56 63 97 98 B0

AS52437  319Mar2007
15:18-15:22(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
163   74  349  36.8  83.5
Freq. 435.797-.786Hz
Mode   CW
(JAS-2  No.180 B 2310-2720)

HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 59 A2 71 63 98 97 B1 82 A7 A3 A9 AB A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 5D 9E 75 63 98 97 B1 6C A7 A3 A9 AB A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 62 98 73 63 98 97 B0 7F A7 A3 A9 AB A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 67 8F 73 63 98 97 B0 81 A7 A3 A9 AB A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 6B 85 72 63E98 98 B0 92 A7 A3 A9 AA A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 6F 79 75 63 98 98 B0 7C A6 A3 A9 AA A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 72 6C 74 63 98 98 B0 87 A6 A3 A9 AA A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 73 65 73 63 98 98 B0 83 A6 A3 A9 AA A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 74 51 73 63 98 98 B1 98 A6 A3 A9 AA A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 72 45 71 63 98 98 B0 85 A6 A3 A9 AA A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 6F 3B 6F 63 98 98 B0 7E A6 A3 A9 AA A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 6A 33 6E 63 98 98 B1 94 A6 A3 A9 AA A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 64 2C 71 63 98 98 B0 87 A6 A3 A9 AA A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 5D 29 76 63 98 98 B1 8E A6 A3 A9 AA A6 
HI HI A6 C3 88 D5 8F 53 05 25 00 24 58

-----------------------  FO-29の軌道要素 ------------------------------  
     
  ■ 軌道要素:JAMSATのホムページをご覧下さい。
  
------------------- FO-29(JAS-2)のテレメトリに関する情報 ----------------
 
2)前回を残し今回分と比較できるようにしました。
  構体温度とBセル温度が下がっております。

●2007年4月7日(土)のテレメトリの15:50(JST)のパスの
  最終行を分析しておきます。

AS52532  7Apr2007
15:50-16:03(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
182  262  342  50.3
Freq. 435.804-.787Hz
Mode   CW
(JAS-2  No.181 A 0-930)

HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 96 73 64 63 96 96 B0 6E AF AD AB A9 AB 

テレメトリ	内   容		換算値	単 位
3C	磁気センサーZ軸	=	73529.4	[nT]
3D	磁気センサX軸	=	56372.5	[nT]
4A	太陽電池発生電流	=	980.4	[mA]
4B	B充放電電流	=	-59.6	[mA]
4C	B端子電圧	=	16.1	[V]
4D	B中間端子電圧	=	7.2	[V]
5A	バス電圧	=	17.3	[V]
5B	JTA送信電力	=	616.9	[mW]
5C 	構体温度1	=	13.9	[℃]
5D	構体温度2	=	14.7	[℃]
6A	構体温度3	=	15.5	[℃]
6B	構体温度4	=	16.2	[℃]
6C	Bセル温度	=	15.5	[℃]

●2007年3月30日(金)のテレメトリの16:10(JST)のパスの
  最終行を分析しておきます。

AS52424  309Mar2007
16:10-16:22(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
190  265  338  36.8  
Freq. 435.803-.788Hz
Mode   CW
(JAS-2  No.180 B 1740-2310)

HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 28 7E 6F 63 98 98 B0 72 A7 A8 A5 A1 A4 

テレメトリ	内   容		換算値	単 位
3C	磁気センサーZ軸=	19607.8	[nT]
3D	磁気センサX軸	=	61764.7	[nT]
4A	太陽電池発生電流=	1088.2	[mA]
4B	B充放電電流	=	-59.6	[mA]
4C	B端子電圧	=	16.4	[V]
4D	B中間端子電圧	=	7.3	[V]
5A	バス電圧	=	17.3	[V]
5B	JTA送信電力	=	642.9	[mW]
5C 	構体温度1	=	17.0	[℃]
5D	構体温度2	=	16.6	[℃]
6A	構体温度3	=	17.8	[℃]
6B	構体温度4	=	19.4	[℃]
6C	Bセル温度	=	18.2	[℃]

●2007年3月17日(土)のテレメトリの15:48(JST)のパスの
  最終行を分析しておきます。

AS52248  17Mar2007
15:48-16:00(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
177  261  344  59.7  
Freq. 435.804-.786Hz
Mode   CW
(JAS-2  No.180 A 0-850)

HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 A6 54 64 63 99 97 B0 70 A0 9F A0 9E 9E 

テレメトリ	内   容		換算値	単 位
3C	磁気センサーZ軸=	81372.5	[nT]
3D	磁気センサX軸	=	41176.5	[nT]
4A	太陽電池発生電流=	980.4	[mA]
4B	B充放電電流	=	-59.6	[mA]
4C	B端子電圧	=	16.5	[V]
4D	B中間端子電圧	=	7.3	[V]
5A	バス電圧	=	17.3	[V]
5B	JTA送信電力	=	629.9	[mW]
5C 	構体温度1	=	19.7	[℃]
5D	構体温度2	=	20.1	[℃]
6A	構体温度3	=	19.7	[℃]
6B	構体温度4	=	20.5	[℃]
6C	Bセル温度	=	20.5	[℃]

●2007年3月3日(土)のテレメトリの16:18(JST)のパスの
  最終行を分析しておきます。


AS52060  03Mar2007
16:18-16:32(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
192  264  336  31.1  
Freq. 435.804-.786Hz
Mode   CW
(JAS-2  No.179 B 2000-2400)
                                                  
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 2A 74 82 63 9A 97 B1 8F 9B 95 97 9C 98 

テレメトリ	内   容		換算値	単 位
3C	磁気センサーZ軸=	20588.2	[nT]
3D	磁気センサX軸	=	56862.7	[nT]
4A	太陽電池発生電流=	1274.5	[mA]
4B	B充放電電流	=	-59.6	[mA]
4C	B端子電圧	=	16.6	[V]
4D	B中間端子電圧	=	7.3	[V]
5A	バス電圧	=	17.4	[V]
5B	JTA送信電力	=	831.4	[mW]
5C 	構体温度1	=	21.7	[℃]
5D	構体温度2	=	24.0	[℃]
6A	構体温度3	=	23.2	[℃]
6B	構体温度4	=	21.3	[℃]
6C	Bセル温度	=	22.9	[℃]

●2007年2月24日(土)のテレメトリの15:43(JST)のパスの
  最終行を分析しておきます。

AS51965  24Feb2007
15:43-15:55(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
170  261  346  75.9  
Freq. 435.805-.785Hz
Mode   CW
(JAS-2  No.179 B 0-890)

HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 5E 2B 7B 62 98 96 B0 8E 98 9A 9B 96 98 

テレメトリ	内   容		換算値	単 位
3C	磁気センサーZ軸=	46078.4	[nT]
3D	磁気センサX軸	=	21078.4	[nT]
4A	太陽電池発生電流=	1205.9	[mA]
4B	B充放電電流	=	-79.2	[mA]
4C	B端子電圧	=	16.4	[V]
4D	B中間端子電圧	=	7.2	[V]
5A	バス電圧	=	17.3	[V]
5B	JTA送信電力	=	824.9	[mW]
5C 	構体温度1	=	22.9	[℃]
5D	構体温度2	=	22.1	[℃]
6A	構体温度3	=	21.7	[℃]
6B	構体温度4	=	23.6	[℃]
6C	Bセル温度	=	22.9	[℃]

●2007年2月17日(土)のテレメトリの16:54(JST)のパスの
  最終行を分析しておきます。

AS51870  17Feb2007
16:54-17:04(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
254  266  326  16.1  
Freq. 435.801-.787Hz
Mode   CW
(JAS-2  No.179 A 970-1510)

HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 54 3A 79 62 99 95 B1 69 99 91 99 9D 97 

テレメトリ	内   容		換算値	単 位
3C	磁気センサーZ軸=	41176.5	[nT]
3D	磁気センサX軸	=   28431.4	[nT]
4A	太陽電池発生電流=	1186.3	[mA]
4B	B充放電電流	=	-79.2	[mA]
4C	B端子電圧	=	16.5	[V]
4D	B中間端子電圧	=	7.2	[V]
5A	バス電圧	=	17.4	[V]
5B	JTA送信電力	=	584.4	[mW]
5C 	構体温度1	=	22.5	[℃]
5D	構体温度2	=	25.6	[℃]
6A	構体温度3	=	22.5	[℃]
6B	構体温度4	=	20.9	[℃]
6C	Bセル温度	=	23.2	[℃]

●2007年2月7日(木)のテレメトリの17:21(JST)のパスの
  最終行を分析しておきます。

AS51735   7Feb2007
17:21-17:27(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
218  267  333  28.2  
Freq. 435.798-.789Hz
Mode   CW
(JAS-2  No.178 A 2410-2650)

HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 2B 94 5B 63 9A 96 B0 7E 9A 97 98 98 97

テレメトリ	内   容		換算値	単 位
3C	磁気センサーZ軸=	21078.4	[nT]
3D	磁気センサX軸 =   72549.0	[nT]
4A	太陽電池発生電流=	892.2	[mA]
4B	B充放電電流	=	-59.6	[mA]
4C	B端子電圧	=	16.6	[V]
4D	B中間端子電圧	=	7.2	[V]
5A	バス電圧	=	17.3	[V]
5B	JTA送信電力	=	720.9	[mW]
5C 	構体温度1	=	22.1	[℃]
5D	構体温度2	=	23.2	[℃]
6A	構体温度3	=	22.9	[℃]
6B	構体温度4	=	22.9	[℃]
6C	Bセル温度	=	23.2	[℃]

●2007年1月13日(土)のテレメトリの17:20(JST)のパスの
  最終行を分析しておきます。

AS51397   13Jan2007
17:20-17:35(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
208  265  324  17.0  
Freq. 435.802-.788Hz
Mode   CW
(JAS-2  No.178 A 600-1420)
                                                                      
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 2B 99 56 61 95 92 B0 8B 98 97 9A 99 98

テレメトリ	内   容		換算値	単 位
3C	磁気センサーZ軸=	21078.4	[nT]
3D	磁気センサX軸	=	75000.0	[nT]
4A	太陽電池発生電流=	843.1	[mA]
4B	B充放電電流	=	-98.8	[mA]
4C	B端子電圧	=	16.0	[V]
4D	B中間端子電圧	=	7.0	[V]
5A	バス電圧	=	17.3	[V]
5B	JTA送信電力	=	805.4	[mW]
5C 	構体温度1	=	22.9	[℃]
5D	構体温度2	=	23.2	[℃]
6A	構体温度3	=	22.1	[℃]
6B	構体温度4	=	22.5	[℃]
6C	Bセル温度	=	22.9	[℃]

●2007年1月6日(土)のテレメトリの16:45(JST)のパスの
  最終行を分析しておきます。

AS51302   06Jan2007
16:45-16:59(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
187  261  337  39.4  
Freq. 435.803-.786MHz
Mode   CW
(JAS-2  No.178 A 800-1600)
                                     
HI HI A6 C3 88 D5 8F F3 05 25 00 24 30 AE 67 5F 92 90 B0 60 95 91 94 95 93 

テレメトリ	内   容		換算値	単 位
3C	磁気センサーZ軸=	23529.4	[nT]
3D	磁気センサX軸	=	85294.1	[nT]
4A	太陽電池発生電流=	1009.8	[mA]
4B	B充放電電流	=	-138.0	[mA]
4C	B端子電圧	=	15.7	[V]
4D	B中間端子電圧	=	6.9	[V]
5A	バス電圧	=	17.3	[V]
5B	JTA送信電力	=	525.9	[mW]
5C 	構体温度1	=	24.0	[℃]
5D	構体温度2	=	25.6	[℃]
6A	構体温度3	=	24.4	[℃]
6B	構体温度4	=	24.0	[℃]
6C	Bセル温度	=	24.8	[℃]

●2006年12月25日(月)のテレメトリの17:11(JST)のパスの
  最終行を分析しておきます。
  
AS51140   25Des2006
17:11-17:28(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
196  263  333  28.8  
Freq. 435.802-.787MHz
Mode   CW
(JAS-2  No.177 A 3060-3130END)

HI HI A6 03 88 D5 8F F3 05 25 00 24 96 3F 75 47 94 8F AC 55 90 8C 8E 91 89 

テレメトリ	内   容		換算値	単 位		
3C	磁気センサーZ軸=	73529.4	[nT]
3D	磁気センサX軸	=	30882.3	[nT]
4A	太陽電池発生電流=	1147.1	[mA]
4B	B充放電電流	=	-608.4	[mA]
4C	B端子電圧	=	15.9	[V]
4D	B中間端子電圧	=	6.9	[V]
5A	バス電圧	=	16.9	[V]
5B	JTA送信電力	=	454.4	[mW]
5C 	構体温度1	=	26.0	[℃]
5D	構体温度2	=	27.5	[℃]
6A	構体温度3	=	26.7	[℃]
6B	構体温度4	=	25.6	[℃]
6C	Bセル温度	=	28.7	[℃]

●2006年12月16日(土)のテレメトリの16:39(JST)のパスの
  最終行を分析しておきます。
  
AS51018   16Des2006
16:39-16:56(JAS)
AOS  MEL  LOS  Elev 
179  259  342  54  
Freq. 435.802-.785MHz
Mode   CW
(JAS-2  No.177  1240-2090)

HI HI A6 03 88 D5 8F F3 05 25 00 24 4C 67 70 4A 91 8D 9A 56 88 7B 7F 89 78 

テレメトリ	内   容		換算値	単 位		
3C	磁気センサーZ軸=	37254.9	[nT]
3D	磁気センサX軸	=	50490.2	[nT]
4A	太陽電池発生電流=	1098.0	[mA]
4B	B充放電電流	=	-549.6	[mA]
4C	B端子電圧	=	15.6	[V]
4D	B中間端子電圧	=	6.8	[V]
5A	バス電圧	=	15.1	[V]
5B	JTA送信電力	=	460.9	[mW]
5C 	構体温度1	=	29.1	[℃]
5D	構体温度2	=	34.1	[℃]
6A	構体温度3	=	32.6	[℃]
6B	構体温度4	=	28.7	[℃]
6C	Bセル温度	=	35.3	[℃]


 ====== FO-29(ふじ3号)のテレメトリ分析、QSO情報等 ============

3)"[jamsat-bb:

=======================================================================
 
4)JARL のホームページに運用予定が記載されていましたので
   ご紹介します.
       ( http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji/new/uy.htm )  
        ふじ3号(JAS−2)の運用 
        *** 運用予定について ***
     9月10日(水)から当分の間   アナログ系運用 
  * なお,運用予定は都合により,変更することがありますの,であらかじめご了承
    願います。
 照会先 : lab@jarl.or.jp
        
-----------------------    FO−20(JAS-1b)道要素   ----------------------
  
  ■ 軌道要素 :JAMSATのホームページをご覧下さい.

--------------------------------------------------------------------
         ■ ふじ2号/FO−20/JAS-1b ■      
            
          「ふじ2号」 現況                          
                                                                     
   JAS-1b(ふじ2号)のCWテレメトリ信号に,1997年10月1
2日12時(JST)の日本上空通過時,3桁の数字が繰り返される
はずが3個の長音の繰り返しとなっているという異常が発見されました。
この不具合は次の通過時からは回復していましたが13日15時20分の
通過時に再び観測されました。現在はA0の送信が続いています。衛
星のアナログ系中継モード動作は異常が無く,正常時のテレメトリ内容
からは衛星の動作に異常は認められません。従って,直ちに衛星の
ミッションに影響することは無いと予想されますので,当面はアナログ系
中継 モードを継続します。衛星は既に打ち上げてから7年8ヶ月を経てお
りますので,今後は監視を強化する予定です。アマチュア各位のレポートを
お待ちします。
 --------------------------------------------------------------------
-- 
  1997年10月14日 00時35分 確認のテレメトリ音 151 KB (A0) 
  1997年10月14日 11時10分 確認のテレメトリ音 216 KB (異常キーイング) 

  以上 JARLのホ−ムページの http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji/new/fuji.htm

===================== FO-20 ふじ2号 のテレメトリ観測結果 ===================
=

  12月20日(金)13:59(JST)の観測結果ではテレメトリは、
以前観測した単一周波数の正弦波でドップラー効果により周波数が移動していく
のみの状態でした。
                                         
   =============   JAS-2 (ふじ3号)と現在までの情報   ========

  A.電話によるふじ3号の運用情報
      社団法人日本アマチュア連盟によるサービス
           TEL .   03− 3942 − 1000
  B.アマチュア無線FAXサービス
      JARLによるふじ3号の軌道情報(オービットカレンダー)
         FAX No.  03− 3233 −0055
  C.WWWブラウザで情報を簡単に見れる人のためにJAS-1,JAS‐1b,
   JAS‐2(ふじ1号からふじ3号の衛星としての運用されるまでの名前)の
   概要、打ち上げまでの状況、運用中における状況を説明したホームページを
   紹介しておきます.

     社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL)のホームページ

         http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji/new/fuji.htm
     http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji/history/history.htm
 
     2003年10月1日、航空宇宙技術研究所(NAL)、宇宙科学研究所(ISAS)、宇宙開発事
   業団(NASDA)が統合され、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が誕生しました。
   統合にともない、JAXAウェブサイトが新設され、今後はこちらに宇宙開発の最新情
   報が掲載されていきます。
   JAXAウェブサイト(http://www.jaxa.jp/)
    (旧 宇宙開発事業団(NASDA)ホームページ(最終更新日 2003年9月30日)) 

      1)「ふじ1号」(JAS−1:FO−12)、「ふじ2号」(JAS−1b:FO−20)
         http://spaceinfo.jaxa.jp/db/kaihatu/eisei/eisei_j/jas_1_j.html
         http://www.nasda.go.jp/lib/nasda-news/1996/12/resai_j.html
         http://spaceboy.nasda.go.jp/lib/satellites/egs/e/egs_01_e.html
     http://www.nasda.go.jp/projects/rocket-result_j.html
     http://www.jaxa.jp/press/archives/nasda/2002/02/pb_020220_j.html
         
      2)「ふじ3号」(JAS−2:FO−29)
         http://www.nasda.go.jp/lib/nasda-news/1996/08/adeos_j.html
     http://www.nasda.go.jp/lib/nasda-news/1996/09/h2_j.html
      http://www.nasda.go.jp/press/1996/08/h2_960817_e.html
     http://www.nasda.go.jp/lib/nasda-news/1996/07/adeos_e.html
   
  B膤惘宙工学コンソーシアムホームページ
    
     東京大学・東京工業大学の小型衛星打ち上げ成功に伴い活発な活動が
    始まりました。
         http://www.unisec.jp/

  D.JAMSATのホームページによる軌道情報の活用
        URL    http://www.jamsat.or.jp
       上記ホームページでは各地で行われるアマチュア通信衛星に関する
      ミューティングのお知らせや世界のアマチュア衛星に関する情報が
      満載されています.

 ======================================================================
     JAMSATのメンバーのご協力によりJH6MME(高山 秀造)が
    執筆・編集を担当しております.ご指摘の意見、疑問やこのようにしたら
    というアイデアがありましたら小さなことでもかまいませんので気軽に下
    記アドレスまでご連絡ください.TNCで解読困難なところは森田 昭雄氏に
  CWの解読を手伝って頂いております。  
                                           E-mail : jh6mme@jamsat.or.jp 
 ===============================   END =============================