[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[jamsat-news:1109] jas2info #145



========================   最新情報   ==============================

        Last updated :Mon.21-Jun.-1999 19:00 (JST) #145

====================================================================
   
     衛星情報 FOシリーズの軌道要素、テレメトリ、QSOの状況等を
   まとめてみました.

  1)  FO−29(ふじ3号)は、6月21日(月)13:57(JST)の
     パスではJDディジタルモードで運用されていましたが14:03(JST)
  よりJAアナログモードに切り替わり運用され始めました. 
       
 ■ 軌道要素1:「jamsat−keps:896」より
              SB KEPS @ AMSAT  $ORB99169.N
       2Line Orbital Elements 99169.AMSAT

 HR AMSAT ORBITAL ELEMENTS FOR AMATEUR SATELLITES IN NASA FORMAT
 FROM WA5QGD FORT WORTH,TX June 18, 1999
 SEND SUBSCRIBE/UNSUBSCRIBE TO majordomo@amsat.org ONLY
 BID: ORB99169.N
  
 DECODE 2-LINE ELSETS WITH THE FOLLOWING KEY:
 1 AAAAAU 00  0  0 BBBBB.BBBBBBBB  .CCCCCCCC  00000-0  00000-0 0  DDDZ
 2 AAAAA EEE.EEEE FFF.FFFF GGGGGGG HHH.HHHH III.IIII JJ.JJJJJJJJKKKKKZ
 KEY: A-CATALOGNUM B-EPOCHTIME C-DECAY D-ELSETNUM E-INCLINATION F-RAAN
 G-ECCENTRICITY H-ARGPERIGEE I-MNANOM J-MNMOTION K-ORBITNUM Z-CHECKSUM

 TO ALL RADIO AMATEURS BT

   FO-29
 1 24278U 96046B   99167.84132600  .00000001  00000-0  34583-4 0 02647
 2 24278 098.5624 119.0346 0352171 095.0603 269.0828 13.52670384139765

 ■ 軌道要素2:「jamsat−keps:897」より                         
         SB KEPS @ AMSAT  $ORB99169.O
         Orbital Elements  99169.OSCAR

 HR AMSAT ORBITAL ELEMENTS FOR OSCAR SATELLITES
 FROM WA5QGD FORT WORTH,TX June 18, 1999
 SEND SUBSCRIBE/UNSUBSCRIBE TO majordomo@amsat.org ONLY
 BID: ORB99169.O
 TO ALL RADIO AMATEURS BT
 
  Satellite: FO-29
 Catalog number: 24278
 Epoch time:      99167.84132600
 Element set:    0264
 Inclination:      098.5624 deg
 RA of node:       119.0346 deg
 Eccentricity:    0.0352171
 Arg of perigee:   095.0603 deg
 Mean anomaly:     269.0828 deg
 Mean motion:   13.52670384 rev/day
 Decay rate:        1.0e-08 rev/day^2
 Epoch rev:           13976
 Checksum:              315
 -----------------------------------------------------------
  2)FO−29(ふじ3号)の 6月21日(月)の13:57のパスでは
  JDディジタルモードで運用され14:03(JST)よりJAアナログ
  モードで運用され始めました.
  21日からのテレメトリの一部分は次のようになっていました.
  
  AS14036C  21Jun99
  JST 15:45 - 15:55
                                  16 76 42 84 50 94 93 B0 6A BD BC BD BD B9 
 HI HI AE C7 88 55 0E 65 FF 0D 00 16 87 3F 81 48 96 93 B0 6E BD BB BD BD B9 
 HI HI AE 07 88 55 13 65 0A 0D 00 16 61 40 77 44 95 91 B0 87 BD BB BD BD B9 
 HI HI AE 07 88 55 19 65 FF 0D 00 16 50 3A 8C 60 94 91 B0 7A BD BB BD BC B9 
 HI HI AE C7 88 55 1E 65 FF 1A 00 16 63 33 8E 61 94 91 B0 97 BD BB BD BC B9 
 HI HI AE C7 88 55 03 65 FF 0D 00 15 65 2D 90 60 94 91 B0 6D BD BB BD BC B9 
 HI HI AE C7 88 55 08 65 FF 0D 00 16 75 2F 95 60 84 91 B0 77 BD BB BD BC B9 
 HI HI AE C7 88 55 0D 65 0A 0D 10 16 64 2E 8C 60 85 92 B0 B7 BD BB BC BF B9 
 HI HI AE C7 88 55 11 65 0F 0D 00 16 4D 2E 9C 5F 93 90 9F 92 BD BN BC BC B9 
 HI HI AE C7 88 55 17 65 FF 0D 00 16 59 2A 9B 60 94 91 B0 7A BC BA BC BC B9 
 HI HI AE 07 88 55 1C 65 FF 18 00 16 53 28 98 5F 92 92 B0 87 BC BA BC BC BA 
 HI HI AE C7 88 55 02 65 FF 0D 00 15 80 25 96 60 94 91 B0 55 BC BA BC BC B9 
 HI HI AE C7 88 55 07 65 FF 0D 00 16 71 25 95 60 93 60 B9 56 BC BA BC BC BA 
 HI HI AE C7 88 55 0C 65 05 0D 00 16 38 3A 90 60 95 93 B0    BC BA BC BC BA 

  AS14035PC  21Jun99
  JST  13:59 - 14:03
  Freq. 435.20 - 435.10 MHz   PSK 変調 

 8J1JCS>BEACON [06/21/99  13:59:49]:D5 02 00 09 00 00 7D 40 00 00
 B3 CF D8 43 20 9C A1 80 80 80
 00 00 00 B0 80 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  13:59:51]:9C 03 03 08 00 63 00 00 00 00
 00 00 70 DB 3E 85 48 96 92 A0
 AA 51 A8 01 8B B9 BD BD BB BB
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  13:59:52]:D5 02 00 09 00 00 7D 40 00 00
 B3 CF D8 43 20 9C A1 80 80 80
 00 00 00 B0 80 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:03]:9C 03 03 08 00 63 00 00 00 00
 00 00 70 DB 48 86 46 95 92 9F
 AA 52 AA 02 CE B9 BD BD BA BB
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:04]:D5 02 00 09 00 00 7D 40 00 00
 B3 CF D8 43 20 9C A1 80 80 80
 00 00 00 AF 80 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:10]:
 Total    5 File(s)

  No.  Date  UTC    To    From   Size   Subject
 0008 06/20 13:09 ALL    HB9SKA      55 Hi to all
 0007 06/19 
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:11]:19:18 ALL    N5ZNL       47 Hi From Rick in the USA
 0004 06/01 19:55 ALL    N5ZNL       83 Hi !!!
 0003 05/31 20:50 ALL    N5ZNL 
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:12]:      22 Greeting From MS. USA
 0001 05/22 04:22 ALL    JN1GKZ      75 hello
                                                    
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:19]:9C 03 03 08 00 63 00 00 00 00
 00 00 70 DB 4D 80 49 94 91 9E
 AA 52 A8 01 C7 B9 BD BD BB BB
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:20]:D5 02 00 09 00 00 7D 40 00 00
 B3 CF EA 43 20 9C A1 80 80 80
 00 00 00 AF 80 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:25]:9C 03 03 08 00 63 00 00 00 00
 00 00 70 DB 52 75 4F 95 91 9F
 AA 52 A8 02 B6 B9 BD BD BB BB
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:26]:55 02 00 09 00 00 7D 40 00 00
 B3 CF D3 39 20 9C A1 80 80 80
 00 00 00 B0 80 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:45]:9C 03 03 08 00 63 00 00 00 00
 00 00 70 DB 5C 85 46 95 92 9F
 AA 52 A8 02 B7 B9 BD BD BA BB
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:46]:95 02 00 09 00 00 7D 40 00 00
 AF CF D3 39 20 9C A1 80 80 81
 00 00 00 B0 80 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:47]:DC 03 63 08 00 64 00 00 00 00
 00 00 70 DB 5C 84 60 93 91 B0
 AA 52 A9 76 B3 B9 BD BD BB BB
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:00:49]:95 02 00 09 00 00 7D 40 00 00
 AF CF D3 39 20 9C A1 80 80 81
 00 00 00 B0 80 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:01:15]:DC 03 03 08 00 64 00 00 00 00
 00 00 70 DB 6B 81 59 93 90 9D
 AA 51 A7 80 B0 B9 BD BD BA BB
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:01:16]:D5 02 00 09 00 00 7D 40 00 00
 AF CF DB 2D 20 9C A1 80 80 80
 00 00 00 B0 80 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:01:44]:DC 03 03 08 00 64 00 00 00 00
 00 00 70 DB 7A 85 55 92 8F 9D
 A9 52 A7 7D A7 B9 BD BD BA BB
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:01:45]:D5 02 00 09 00 00 7D 40 00 00
 AB CF D0 2D 21 9C A1 80 80 81
 00 00 00 B0 80 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:02:09]:
 User not connect.
                                                                                                             
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:02:12]:      22 Greeting From MS. USA
 0001 05/22 04:22 ALL    JN1GKZ      75 hello
                                                    
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:02:14]:DC 03 03 08 00 64 00 00 00 00
 00 00 70 DB 84 7E 58 92 90 9D
 AA 52 A7 76 C4 B9 BD BC BA BB
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  14:02:15]:55 02 00 09 00 00 7D 40 00 00
 AB CF D0 2D 21 9C A1 80 80 80
 00 00 00 B0 80 B3 F7 00 00 00                                      

  JST 14:06 - 14:11
  Freq. 435.794 - 435.786 MHz  

 cmd:MODE CW
 MODE     was JAS
 cwe:K
 HI HI AE C7 88 55 1C 65 FF 25 00 16 54 32 82 60 93 90 B0 83 BC BB BA BB B9 
 HI HI AE C7 88 55 01 65 FF 0D 00 16 3A 37 8F 60 94 91 B0 6E BC BB BA BB B9 
 HI HI AE 07 88 55 06 65 FF 0D 00 16 7C 39 8D 41 96 92 B0 7C BC BB BA BB B9 
 HI HI AE C7 88 55 0B 65 FF 1A 00 16 A6 41 90 60 93 90 B0 84 BC BA BA BB B9  
 HI HI AE C7 88 55 10 65 FF 1E 00 16 5B 4A 80 60 96 90 B0    BC BA BA BB B9 
 HI HI AE C7 88 55 15 65 0A 0D 00 16  

  AS14034P   21Jun99
  JST 12:20 - 12:25

 8J1JCS>BEACON [06/21/99  12:22:06]:D5 02 00 09 00 00 7A 40 00 00
 BB CF CC 50 20 9C A1 82 81 82
 00 00 00 AD 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  12:22:08]:
 User not connect.
                                                                                                             
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  12:22:09]:
 Total    5 File(s)

  No.  Date  UTC    To    From   Size   Subject
 0008 06/20 13:09 ALL    HB9SKA      55 Hi to all
 0007 06/19 
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  12:22:10]:19:18 ALL    N5ZNL       47 Hi From Rick in the USA
 0004 06/01 19:55 ALL    N5ZNL       83 Hi !!!
 0003 05/31 20:50 ALL    N5ZNL 
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  12:22:11]:      22 Greeting From MS. USA
 0001 05/22 04:22 ALL    JN1GKZ      75 hello
                                                    
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  12:24:05]:
 JAS-2    '97/06/21 03:23:02
 9C 03 63 08 00 63 00 00 00 00
 00 00 70 D0 08 8B 60 93 91 B0
 AA 52 AA 02 CB B9 BC BB B9 BA
         
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  12:24:06]:D5 02 00 09 00 00 7A 40 00 00
 AF CF CE 6B 60 9D A2 82 82 83
 00 00 00 AD 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  12:24:08]:
 User not connect.
                                                                                                             
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  12:24:09]:
 Total    5 File(s)

  No.  Date  UTC    To    From   Size   Subject
 0008 06/20 13:09 ALL    HB9SKA      55 Hi to all
 0007 06/19 
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  12:24:10]:19:18 ALL    N5ZNL       47 Hi From Rick in the USA
 0004 06/01 19:55 ALL    N5ZNL       83 Hi !!!
 0003 05/31 20:50 ALL    N5ZNL 
 8J1JCS>BEACON [06/21/99  12:24:11]:      22 Greeting From MS. USA
 0001 05/22 04:22 ALL    JN1GKZ      75 hello                                          
  
 3)テレメトリ換算値例
  
  。D ディジタルモード
   AS14035PC  21Jun99
   JST  13:59 - 14:03
   Freq. 435.20 - 435.10 MHz   PSK 変調 
   JDディジタルモードのテレメトリの最終ブロックの換算値例

  テレメトリ	   内   容	       換算値	単 位
 F1ー12	磁気センサーX軸=	78921.6	nT
 F1ー13	磁気センサーZ軸=	62745.1	nT
 F0ー15	太陽電池発生電流=	 1235.3	mA
 F0ー16	B充放電電流	=	  275.2	mA
 F0ー17	B端子電圧	= 	   15.7	V
 F0ー18	B中間端子電圧	=	    6.9	V
 F0ー19	バス電圧	=	   15.4	V
 F0ー20	+5安定化電圧	=	    5.1	V
 F0ー21	ー5V安定化電圧	=	   -4.9	V
 F0ー22	+10V安定化電圧=	   10.0	V
 F0ー23	JTA出力電力	=	  668.9	mW
 F0ー24	JTD出力電力	=	 1217.2	mW
 F0ー25	Bセル温度	=	   10.0	℃
 F0ー26	構体温度ー1	=	    8.5	℃
 F0ー27	構体温度ー2	=	    8.9	℃
 F0ー28	構体温度ー3	=	    9.6	℃
 F0ー29	構体温度ー4	=	    9.3	℃
 F1ー18	太陽電池パネル温度ー1=	    6.6	℃
 F1ー19	太陽電池パネル温度ー2=	    6.6	℃
 F1ー24	太陽電池パネル温度ー3=	    6.6	℃
 F1ー23	JTD  Tr温度      =	   13.5	℃
 
 ■複船▲淵蹈哀癲璽
   上記パスと同じテレメトリ
   JST 14:06 - 14:11
   Freq. 435.794 - 435.786 MHzJST 
  アナログテレメトリの最初の行の換算値例
  
 テレメトリ	内   容	     換算値	単 位
 3C	磁気センサーZ	=	41176.5	nT
 3D	磁気センサX軸	=	24509.8	nT
 4A	太陽電池発生電	=	 1274.5 mA
 4B	B充放電電流	=	 -118.4	mA
 4C	B端子電圧	=	   15.8	V
 4D	B中間端子電圧	=	    6.9	V
 5A	バス電圧	= 	   17.3	V
 5B	JTA送信電力	=	  753.4	mW
 5C 	構体温度1	=	    8.9	℃
 5D	構体温度2	=	    9.3	℃
 6A	構体温度3	=	    9.6	℃
 6B	構体温度4	=	    9.3	℃
 6C	Bセル温度	=	   10.0	℃
  
  *計算処理は OFFICE 97 を使用.
  *同一パスのJAアナログテレメトリとJDディジタル
  テレメトリを換算表示しています比較してみましょう.

 =========  FO - 29 (ふじ 3号)のスピン周期について ============
 
   FO−29のスピン周期についてJE9PEL/1 局 脇田 美根夫氏が
  投稿されてきましたので掲載させて頂きます.

 --------------------
 衛星FO-29 スピン周期
 --------------------

 衛星FO-29のテレメトリ解析のためのプログラム(デジタル用)fo29tlm5 と
 (CW用)fo29cwt2 を、さらに改良を進めてバージョンアップしました。
                  (fo29tlm5 V5.01,  fo29cwt2 V2.01)

 懸案事項の究極の目標の一つの、解析結果を「折れ線グラフ」に表して、
 保存と印刷まで行えるようにしました。横軸はデータ数、縦軸は見やすく
 解析項目の最大値に対する相対的な比率で表現するようにしてあります。
                (プログラム本体と解析例は下記URL参照)

 昨日(6月17日 '99)、JH6MME高山氏により受信された衛星FO-29のデジタル
 テレメトリとCWテレメトリが報告されました。そのデータを用いて以前
 から関心のあったスピン周期を解析してみたところ、デジタルデータから
 は約16秒(16304msec)、CWデータからは約11秒(10740.5msec)という結果
 が得られました。

 周回オービットが異なるとはいえ、同日のスピン周期の差が約5秒もある
 ので、JARL(日本アマチュア無線連盟)から公開されている解読式(換算表)
 を用いて、これらのデータをもとに手計算でも確認してみました。

 (デジタルデータ例)
 9C 03 63 08 00 62 00 00 00 00
 00 00 6E 3A A0 87 60 94 91 B0
 AA 52 A8 02 DF BA BC BB BA BB
 95 02 00 09 00 00 38 40 00 00
 97 CA D0 7D 62 9F A4 84 80 82
 00 00 00 AF 81 B3 F7 00 00 00

 この上から5行目の左端に位置する「97 CA」がスピン周期を表す部分です。
 先に、16進数の CAを2進数に変換すると 11001010、次に 97を変換すると
  10010111 なので、換算表に従うと 10740.5 となります。

                  CA                      97
      bit  msec   data        bit  msec   data
       0  16384    0           0     64    1
       1   8192    1           1     32    1
       2   4096    0           2     16    1
       3   2048    1           3      8    0
       4   1024    0           4      4    1
       5    512    0           5      2    0
       6    256    1           6      1    0
       7    128    1           7      0.5  1

    8192+2048+256+128+64+32+16+4+0.5 = 10740.5[msec]

 (CWデータ例)
 HI HI AE C7 88 51 1F 50 FF 0D 00 16 83 33 85 61 93 91 B0 7B BE BB BD BD BA

 この HI HI の次から数えて7番目と8番目にある16進数「FF 0D」がスピン
 周期を表す部分です。FFを2進数に変換すると 11111111、0Dは 00001101 
 です。換算表に従うと 16304 となります。

                  FF                      0D
      bit  msec   data        bit  msec   data
       0   ----    1           0    128    1
       1   ----    1           1     64    0
       2   8192    1           2     32    1
       3   4096    1           3     16    1
       4   2048    1           4      8    0
       5   1024    1           5      4    0
       6    512    1           6      2    0
       7    256    1           7      1    0

    8192+4096+2048+1024+512+256+128+32+16 = 16304[msec]

 このデジタルデータとCWデータによるスピン周期の約5秒の差の原因は
 よくわかりませんが、衛星内部のセンサーの感度の違いかもしれません。

 なお先日(6月4日)、JG1LDV白子氏から衛星FO-20/29のスピンに関する貴重
 なご助言をいただきました。 参考のため、改めてここに紹介いたします。

  > FO-20の姿勢状態について一言。
  > FO-20には特定のスピン軸は存在しませんので、AO-10や一般的な
  > スピン衛星に見られる安定したスピンにより発生する受信レベル
  > の変化からのスピン計測とは異なった趣きを呈すると思います。
  > 
  > 開発当時のJAS-1ガイドブックやJARLnewsで解説されていますが、
  > 念のため。JAS-1/JAS-1Bの設計方針として積極的な姿勢制御をし
  > ない衛星の熱設計,発生電力,機器の収納性,アンテナパターン等の
  > 関係から形状を球形にしましたが、衛星姿勢が一定の状態に留ま
  > る事による一方向からの太陽光照射を受けないように姿勢変動用
  > 磁石を搭載して地球磁場との相互作用による姿勢変動を起こさせ
  > ていますので複雑な姿勢変化をしていると予想されます。
 ----------------------------------------------
 Name : JE9PEL/1 脇田
 Mail : je9pel@jamsat.or.jp
 URL  : http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/
 QTH  : Yokohama, Japan
 Date : 20 Jun. 1999
 ----------------------------------------------  
 ==============================================================================
  4)FO−20(ふじ2号)のCWテレメトリは6月15日(火)18:56(JST)の
     パスではテレメトリーが単一トーンの連続音から唸りを伴った連続音、さらにゆらぎの
     ある信号になり、いままでより若干信号が弱くなっていました.

 -----------------------------  FO - 20 軌道要素 ----------------------------------
 
 ■ 軌道要素1 :出典は「ふじ3号」に同じ. 
  
  FO-20
 1 20480U 90013C   99168.10327454 -.00000009  00000-0  47000-4 0 01544
 2 20480 099.0237 002.8417 0540854 164.7118 197.1071 12.83253084438324
 
 ■ 軌道要素2 :出典は「ふじ3号」に同じ.  
               
  Satellite: FO-20
 Catalog number: 20480
 Epoch time:      99168.10327454
 Element set:    0154
 Inclination:      099.0237 deg
 RA of node:       002.8417 deg
 Eccentricity:    0.0540854
 Arg of perigee:   164.7118 deg
 Mean anomaly:     197.1071 deg
 Mean motion:   12.83253084 rev/day
 Decay rate:       -9.0e-08 rev/day^2
 Epoch rev:           43832
 Checksum:              295

   =====================================================================

 5)JARL のホームページに新しい運用追加予定が記載されていましたのでご紹介します.
       ( http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji/uy.htm )

        ■ ふじ3号/FO−29 ■  
  
    *** 運用予定について ***
   
  ☆ 6月21日 〜 7月05日     アナログ系運用

 なお,運用予定は都合により変更することがありますのでご了承願います。

 照会先 : lab@jarl.or.jp

 最新の情報はテレホンサービス(:03−3942−1000)をお聞きください。
   
  以後の運用に付きましては6月21日18時頃にお知らせいたします。

        ■ ふじ2号/FO−20 ■      
            「ふじ2号」 現況                                                                                               
   JAS-1b/FO-20(ふじ2号)の不具合発生について
    JAS-1b(ふじ2号)のCWテレメトリ信号に,1997年10月12日12時
 (JST)の日本上空通過時,3桁の数字が繰り返されるはずが3個の長音の
  繰り返しとなっているという異常が発見されました。この不具合は次の通過時
  からは回復していましたが13日15時20分の通過時に再び観測されました。
  衛星のアナログ系中継モード動作は異常が無く,正常時のテレメトリ内容からは
  衛星の動作に異常は認められません。従って,直ちに衛星のミッションに影響す
  ることは無いと予想されますので,当面はアナログ系中継モードを継続します。
  衛星は既に打ち上げてから7年8ヶ月を経ておりますので,今後は監視を強化す
  る予定です。アマチュア各位のレポートをお待ちします.   
  
  以上  http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji/fuji.htm
                                           
   =============   JAS-2 (ふじ3号)と現在までの情報   ===========
  
  A.電話によるふじ3号の運用情報
      社団法人日本アマチュア連盟によるサービス
           TEL .   03− 3942 − 1000
  B.アマチュア無線FAXサービス
      JARLによるふじ3号の軌道情報(オービットカレンダー)
         FAX No.  03− 3233 −0055
  C.WWWブラウザで情報を簡単に見れる人のためにJAS−2
     ふじ3号の衛星としての運用されるまでの名前)の概要、打ち上げ
     までの状況、運用中における状況を説明したホームページを紹介し
     ておきます.
     社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL)のホームページ

          http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji
 
     宇宙開発事業団(NASDA)ホームページ 
          http://www.nasda.go.jp/
         打上げ衛星 :地球観測プラットフォーム技術衛星(ADEOS) 
                       アマチュア衛星3号(JAS-2)
          http://yyy.tksc.nasda.go.jp/Home/Press/Press-j/jas-2_j.html        

  D.JAMSATによる軌道情報の活用
        JAMSATのホームページまたはjamsat−kepsの軌道要素より
      衛星の軌道情報を得る.
     JAMSATホームページ
               URL    http://www.jamsat.or.jp
       上記ホームページでは各地で行われるアマチュア通信衛星に関する
      ミューティングのお知らせや世界のアマチュア衛星に関する情報が
      満載されています.
   
 =========================================================================
       JAMSATのメンバーのご協力によりJH6MME(高山 秀造)が
    執筆・編集を担当しております.ご指摘の意見、疑問やこのようにしたら
    というアイデアがありましたら小さなことでもかまいませんので気軽に下
    記アドレスまでご連絡ください.jamsat−newsからjas2
    infoへの転載をJH4PHW局坂井さんに担当して頂いております.
                    E-mail : jh6mme@jamsat.or.jp : jh4phw@jamsat.or.jp
 ===============================   END  ===============================