[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[jamsat-news:1093] jas2info



========================   最新情報   ==============================

        Last updated :Tue.25-May.-1999 16:10 (JST) #138

====================================================================
   
     衛星情報 FOシリーズの軌道要素、テレメトリ、QSOの状況等を
   まとめてみました.

  1)  FO−29(ふじ3号)は、5月24日(月)14:51(JST)の
     パスではJARLのホームページのJAS−2「最新情報」のとうりJD
     ディジタルモード1200PSKのパケットから15:04(JST)より
     JAアナログモードで運用されていました. 
       
 ■ 軌道要素1:「jamsat−keps:889」より
              SB KEPS @ AMSAT  $ORB99141.N
              2Line Orbital Elements 99141.AMSAT

  HR AMSAT ORBITAL ELEMENTS FOR AMATEUR SATELLITES IN NASA FORMAT
  FROM WA5QGD FORT WORTH,TX May 21, 1999
  SEND SUBSCRIBE/UNSUBSCRIBE TO majordomo@amsat.org ONLY
  BID: ORB99141.N

 DECODE 2-LINE ELSETS WITH THE FOLLOWING KEY:
 1 AAAAAU 00  0  0 BBBBB.BBBBBBBB  .CCCCCCCC  00000-0  00000-0 0  DDDZ
 2 AAAAA EEE.EEEE FFF.FFFF GGGGGGG HHH.HHHH III.IIII JJ.JJJJJJJJKKKKKZ
 KEY: A-CATALOGNUM B-EPOCHTIME C-DECAY D-ELSETNUM E-INCLINATION F-RAAN
 G-ECCENTRICITY H-ARGPERIGEE I-MNANOM J-MNMOTION K-ORBITNUM Z-CHECKSUM

 TO ALL RADIO AMATEURS BT

  FO-29
  1 24278U 96046B   99139.88106655 -.00000055  00000-0 -21067-4 0 02601
  2 24278 098.5601 094.8151 0351579 167.3507 193.6743 13.52667131135985

 ■ 軌道要素2:「jamsat−keps:890」より
                 SB KEPS @ AMSAT  $ORB99141.O
                 Orbital Elements  99141.OSCAR

  HR AMSAT ORBITAL ELEMENTS FOR OSCAR SATELLITES
  FROM WA5QGD FORT WORTH,TX May 21, 1999
  SEND SUBSCRIBE/UNSUBSCRIBE TO majordomo@amsat.org ONLY
  BID: ORB99141.O
  TO ALL RADIO AMATEURS BT

  Satellite: FO-29
  Catalog number: 24278
  Epoch time:      99139.88106655
  Element set:    0260
  Inclination:      098.5601 deg
  RA of node:       094.8151 deg
  Eccentricity:    0.0351579
  Arg of perigee:   167.3507 deg
  Mean anomaly:     193.6743 deg
  Mean motion:   13.52667131 rev/day
  Decay rate:       -5.5e-07 rev/day^2
  Epoch rev:           13598
  Checksum:              344
 -----------------------------------------------------------
  2)FO−29(ふじ3号)の 5月24日(月)の14:51−15:12(JST)の
     パスではJDディジタルモードテレメトリからJAアナログモードのテレメトリへ
     下記のように切り替わりました.
    一部分は次のようになっていました.

  AS13658P1  24May99
  JST 14:54 - 15:03

 cmd:8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:55:26]:
 JAS-2    '97/05/24 05:53:33
 9C 03 03 08 00 02 00 00 00 00
 00 00 5E 6C AC 76 4D 93 90 9D
 AA 52 A7 01 B5 B4 B8 B9 B6 B7
         
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:55:27]:D5 02 00 09 00 00 D1 40 00 00
 9A E4 1D 55 37 85 89 80 7C 80
 00 00 00 AC 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:55:28]:
 User not connect.
                                                                
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:55:29]:
 Total    1 File(s)

  No.  Date  UTC    To    From   Size   Subject
 0001 05/22 04:22 ALL    JN1GKZ      75 hello
               
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:57:28]:
 User not connect.
                                                                
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:57:29]:
 Total    1 File(s)

  No.  Date  UTC    To    From   Size   Subject
 0001 05/22 04:22 ALL    JN1GKZ      75 hello
               
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:58:47]:9C 03 63 08 00 02 00 00 00 00
 00 00 5E 6D 10 7D 5F 93 90 B0
 AA 52 A9 02 BF B4 B8 B8 B6 B7
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:01]:9C 03 03 08 00 02 00 00 00 00
 00 00 5E 6D 15 7D 4B 96 92 A0
 AB 52 A8 02 B9 B4 B8 B8 B6 B7
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:02]:D5 02 00 09 00 00 D1 40 00 00
 CB E5 D8 3D 3F 8C 90 81 7D 81
 00 00 00 AB 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:15]:9C 03 03 08 00 02 00 00 00 00
 00 00 5E 6D 1F 6E 53 93 90 9E
 AA 51 A8 01 CD B4 B8 B8 B6 B7
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:16]:95 02 00 09 00 00 D1 40 00 00
 38 E6 D8 3D 3B 8C 90 81 7D 81
 00 00 00 AB 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:18]:9C 03 03 08 00 02 00 00 00 00
 00 00 5E 6D 1F 6D 52 93 90 9D
 AA 52 A8 01 B7 B4 B8 B8 B6 B7
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:19]:95 02 00 09 00 00 D1 40 00 00
 38 E6 D8 3D 3B 8C 90 81 7D 81
 00 00 00 AB 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:24]:9C 03 03 08 00 02 00 00 00 00
 00 00 5E 6D 24 6D 53 94 90 9E
 AA 51 A8 01 97 B4 B8 B8 B6 B7
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:25]:95 02 00 09 00 00 D1 40 00 00
 38 E6 FC 3D 3B 8C 90 81 7D 81
 00 00 00 AB 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:26]:9C 03 03 08 00 02 00 00 00 00
 00 00 5E 6D 24 6D 52 94 91 9E
 AA 52 A8 01 CE B4 B8 B8 B6 B7
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:27]:95 02 00 09 00 00 D1 40 00 00
 38 E6 FC 3D 3B 8C 90 81 7D 81
 00 00 00 AB 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:29]:
 JAS-2    '97/05/24 05:57:33
 9C 03 03 08 00 02 00 00 00 00
 00 00 5E 6D 24 72 51 94 91 9E
 AA 52 A8 01 CF B4 B8 B8 B6 B7
         
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:30]:95 02 00 09 00 00 D1 40 00 00
 38 E6 FC 3D 3B 8C 90 81 7D 81
 00 00 00 AB 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:31]:
 User not connect.
                                                                 
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:32]:
 Total    1 File(s)

  No.  Date  UTC    To    From   Size   Subject
 0001 05/22 04:22 ALL    JN1GKZ      75 hello
               
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:37]:9C 03 63 08 00 02 00 00 00 00
 00 00 5E 6D 29 7E 60 95 92 B0
 AA 52 A8 01 CC B4 B8 B8 B6 B7
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  14:59:38]:D5 02 00 09 00 00 D1 40 00 00
 38 E6 D8 3D 3B 8C 90 81 7C 81
 00 00 00 AC 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  15:00:21]:9C 03 03 08 00 02 00 00 00 00
 00 00 5E 6D 42 74 50 95 91 9F
 AA 52 A8 02 CF B4 B8 B8 B6 B7
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  15:00:23]:95 02 00 09 00 00 D1 40 00 00
 A6 E6 F3 37 29 90 94 81 7D 81
 00 00 00 AB 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  15:03:16]:DC 03 03 08 00 03 00 00 00 00
 00 00 5E 6D 97 83 54 94 91 9E
 AA 52 A7 82 87 B4 B8 B7 B5 B7
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  15:03:17]:D5 02 00 09 00 00 D1 40 00 00
 1A E7 D1 35 61 9D A1 82 7D 81
 00 00 00 AB 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  15:03:26]:
 JAS-2    '97/05/24 06:01:33
 DC 03 03 08 00 03 00 00 00 00
 00 00 5E 6D 9C 7E 59 94 91 9E
 AA 52 A7 7B CD B4 B8 B8 B5 B7
         
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  15:03:27]:D5 02 00 09 00 00 D1 40 00 00
 1A E7 E3 35 61 9D A1 81 7C 81
 00 00 00 AB 81 B3 F7 00 00 00
                                      
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  15:03:28]:
 User not connect.
                                                                            
 8J1JCS>BEACON [05/24/99  15:03:29]:
 Total    1 File(s)

  No.  Date  UTC    To    From   Size   Subject
 0001 05/22 04:22 ALL    JN1GKZ      75 hello               

 cmd:MODE CW

  AS 13658C1  May99
  JST  15:04 - 15:12
                                                      
 HI HI AE C7 88 51 04 04 FF 0D 00 16 41 4D 85 60 94 91 A1 7D B8 B7 B5 B6 B5 
 HI HI AE C7 88 51 09 04 FF 0D 00 16 8  55 84 60 93 90 B0 74 B8 B7 B5 B6 B4 
 HI HI AE C7 88 51 0F 04 FF 0D 00 16 92 3E 91 45 95 92 A1 84 B8 B7 B5 B6 B4 
 HI HI AE C7 88 51 14 04 1E 0D 00 16 45 34 8E 60 94 90 B0 9C B8 B6 B5 B6 B5 
 HI HI AE 07 88 51 19 04 FF 0D 00 16 3B 5F 7E 60 93 90 B0 8D B8 B6 B5 B6 B5 
 HI HI AE C7 88 51 1E 04 FF 0D 00 16 9B 77 7A 5F 92 90 B0    B7 B6 B5 B6 B4 
 HI HI AE C7 88 51 03 04 FF 0D 00 16 95 46 8C 5F 92 91 A0 70 B7 B6 B5 B6 B5 
 HI HI AE C7 88 51 A9 04 FF 0D 00 16 36 37 88 43 96 92 B0 9D B7 B6 B5 B6 B5 
 HI HI AE C7 88 51 0E 04 05 0D 00 16 7I 4E 55 60 95 93 B0 7C B7 B5 B5 B6 B5 

 3) 5月24日(月)の
    。複張妊ジタルモードテレメトリの最後のブロックと■複船▲淵蹈哀癲璽
    テレメトリの最初の行の換算値例.
   
  AS13658P   24May99
    JST 14:51 - 15:03 のパスJDディジタルモードテレメトリの最後の
    ブロック換算値例.

  テレメトリ        内   容           換算値  単 位
 F1ー12	磁気センサーX軸=     111274.5 nT
 F1ー13	磁気センサーZ軸=      25980.4 nT
 F0ー15	太陽電池発生電流=	1235.3 mA
 F0ー16	B充放電電流	=	 255.6 mA
 F0ー17	B端子電圧	=	  15.9 V
 F0ー18	B中間端子電圧	=	   7.0	V
 F0ー19	バス電圧	=	  15.5	V
 F0ー20	+5安定化電圧	=	   5.1	V
 F0ー21	ー5V安定化電圧	=	  -4.9	V
 F0ー22	+10V安定化電=	  10.0	V
 F0ー23	JTA出力電力	=	 701.4	mW
 F0ー24	JTD出力電力	=	1338.5	mW
 F0ー25	Bセル温度	=	  12.0	℃
 F0ー26	構体温度ー1	=	  10.4	℃
 F0ー27	構体温度ー2	=	  10.4	℃
 F0ー28	構体温度ー3	=	  11.6	℃
 F0ー29	構体温度ー4	=	  10.8	℃
 F1ー18	太陽電池パネル温度ー1=  -2.5	℃
 F1ー19	太陽電池パネル温度ー2=   8.9	℃
 F1ー24	太陽電池パネル温度ー3=   8.9	℃
 F1ー23	JTD  Tr温度      =  15.5	℃
  
  上記同一パスのJAアナログモードテレメトリの最初の行の換算値例.
  
  テレメトリ	内   容    	換算値	単 位
 3C	磁気センサーZ軸=	31862.7	nT
 3D	磁気センサX軸	=	37745.1	nT
 4A	太陽電池発生電流=	 1303.9	mA
 4B	B充放電電流	=	 -118.4	mA
 4C	B端子電圧	=	   15.9	V
 4D	B中間端子電圧	=	    7.0	V
 5A	バス電圧	=	   15.8	V
 5B	JTA送信電力	=	  714.4	mW
 5C 	構体温度1	=	   10.4	℃
 5D	構体温度2	=	   10.8	℃
 6A	構体温度3	=	   11.6	℃
 6B	構体温度4	=	   11.2	℃
 6C	Bセル温度	=	   11.6	℃

 *計算処理は OFFICE 97 を使用.
 *同一パス内で取れたJDとJAのテレメトリの比較ができます、皆さんで
  検討して見て下さい.
===========  FO-29 信号のドップラーシフトのFFT分析画面 ===================== 

  JE9PEL/1局 脇田 美根夫氏がFO−29の信号のドップラーシフトのFFT分析表示
    例をレポートされていましたので転載させて頂きました.今から30年ほど前に
    「スペース・モニタリング」という論文で草部 宏成氏が人工衛星の信号のドップラー
    シフトの模様を図示されていましたが、もうパソコン画面でFFTの分析まで見れる
    ようになったのですね、技術の進歩に驚いています.(JH6MME) 

 「FFTDSPプログラム」を用いて、本日(1999年5月21日)14:20JST、衛星FO-29
 のデジタル信号のドップラーシフトの変化する様子をコンピュータ画面上に
 初めて表示させてみました。 ブルーの背景にその信号が初めて映し出され、
 その変化の様子をこの目で見た時は感動しました。

 下記URLに、90521f29.gif という GIF画像ファイル名で登録してあります。
 このプログラムを起動したのが、この時のパスの LOS近くだったので、受信
 周波数は 435.903MHz(USB)に固定しておきました。

 デジタルモードの PSK変調された SSB(USB)信号の「ビーーッ」という音の
 搬送波周波数は 1600Hzなので、F8キーを押して解析周波数の範囲をワイド
 (200-2750Hz)に設定しておいた方がよいことに、後で気が付きました。

 また、F1キー・セットアップの中のローカルタイムの設定(GMT -9)をし忘れ
 たので、画像では 1420Z や 1421Z と表示されていますが、これは日本時間
 の 1420JST と 1421JST のことなので訂正して見て下さい。

 なお、この画像の中で 1421JSTのラインに「くびれ」が見えますが、それは
 ちょうど「ザザーー」という音のテレメトリビーコンが発信された時です。

 ところで このプログラムのドキュメントファイルを読んでいて、「FFTDSP」
 が 「Fast Fourier Transforms Digital Signal Processing」であることを
 知りました。「高速フーリエ変換デジタル信号処理プログラム」という EME
 の微弱信号を検出する目的のプログラムだそうです。

 JN1GKZ/新井さんによる CQ誌4〜6号の解説記事を参考に、このプログラムの
 使い方をさらに研究して、いろいろな実験に臨みたいと思います。
 
  「jamsat−bb:4489」FO−29mailbox at May 24でmailboxの運用状況を
   レポートされてましたので転載させて頂きました.

 本日(5月24日 13:23JST)の衛星FO-29のパスにおいて、JN1GKZ/新井さん
 の登録メールの内容を確認しました。 以下、その時のLOGの抜粋です。
 (435.904MHz USB 1200bps)

  8J1JCS>JJ1ZUT [05/24/99  13:23:32] <I C P S0 R4>:
   No.  Date  UTC    To    From   Size   Subject
  0001 05/22 04:22 ALL    JN1GKZ      75 hello

  8J1JCS>JJ1ZUT [05/24/99  13:23:38] <RR C P R4>
  8J1JCS>JJ1ZUT [05/24/99  13:23:39] <I C P S1 R4>:hello
  Greetings from Tokyo.
  Enjoy FO-29 JD mode.
  73s
  JN1GKZ  Masa   PM95RR

  8J1JCS>JJ1ZUT [05/24/99  13:23:45] <RR C P R4>
  8J1JCS>JJ1ZUT [05/24/99  13:23:47] <I C P S1 R4>:hello
  Greetings from Tokyo.
  Enjoy FO-29 JD mode.
  73s
  JN1GKZ  Masa   PM95RR

  8J1JCS>JJ1ZUT [05/24/99  13:23:49] <I C P S2 R4>:
  JAS2>
  8J1JCS>JJ1ZUT [05/24/99  13:23:54] <RR C P R4>
  8J1JCS>JJ1ZUT [05/24/99  13:23:56] <I C P S2 R4>:
  JAS2>
  8J1JCS>JJ1ZUT [05/24/99  13:24:01] <RR R F R5>
  8J1JCS>JJ1ZUT [05/24/99  13:24:01] <D C P>
  8J1JCS>BEACON [05/24/99  13:24:36] <UI C>:
  JAS-2    '97/05/24 04:21:33
  9C 03 63 08 00 01 00 00 00 00
  00 00 5E 61 E4 93 5F 93 90 B0
  AA 52 A8 02 CD B4 B7 B7 B4 B6

 ----------------------------------------------
 Name : JE9PEL/1 脇田
 Mail : je9pel@jamsat.or.jp
 URL  : http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/
 QTH  : Yokohama, Japan
 Date : 24 May. 1999
 ----------------------------------------------
==============================================================================
  4)FO−20(ふじ2号)のCWテレメトリは5月10日(月)18:27(JST)の
     パスではテレメトリーが単一トーンの連続音から唸りを伴った連続音、さらにゆらぎの
     ある信号になり、いままでより若干信号が弱くなっていました.

 -----------------------------  FO - 20 軌道要素 ----------------------------------
 ■ 軌道要素1 :出典は「ふじ3号」に同じ. 
  
  FO-20
  1 20480U 90013C   99140.11236447  .00000090  00000-0  27973-3 0 01541
  2 20480 099.0263 340.1764 0539784 228.2288 127.1474 12.83253208434739
 
 ■ 軌道要素2 :出典は「ふじ3号」に同じ.  
               
  Satellite: FO-20
  Catalog number: 20480
  Epoch time:      99140.11236447
  Element set:    0154
  Inclination:      099.0263 deg
  RA of node:       340.1764 deg
  Eccentricity:    0.0539784
  Arg of perigee:   228.2288 deg
  Mean anomaly:     127.1474 deg
  Mean motion:   12.83253208 rev/day
  Decay rate:        9.0e-07 rev/day^2
  Epoch rev:           43473
  Checksum:              300 

  ====================    FO-20のQSOの状況 ==========================
 
  jamsat−bb:4484でJH7IMX局 脇山氏がFO−20で8J7ITU/7を運用され
    た様子をレポートをされていましたので転載させて頂きました. 
  
  8J7ITU/7を運用しているJH7IMX脇山です。

  先程のFO-20のオービットでJA6BX,7J1AEJ/7とQSOできました。
 JA6BXさんとはクロスモードでのQSOになってしまいましたが.. hi.
 7K4IINさんからもメイルにて受信レポートをいただきました。
 次のオービットにもQRVしますので、よろしくお相手ください。

  Shunichiro Wakiyama  wakiyama@info.sendai-ct.ac.jp
 
  [jamsat-bb:4486] 8J7ITU においてJA7JZS局 芝山  正登氏が同上のQSOに付いて
    総括レポートをされていましたので転載させて頂きました.
 
  5/15〜23の8J7ITUの運用が終了しました。
  皆様のご協力ありがとうございました。
  当初JARL東北支部に衛星通信を申し込みした時、
  免許はあるが衛星をやった事がなく、ここの設備で本当にできるのかと思われたようですが、
  東北支部長から快諾いただきました。
  既に、脇山さん(JH7IMX)からも報告がありましたが、
  AO-27,FO-20でおよそ20局と交信できました。
  また、設備、地理上の問題で受信状態が良くないにもかかわらず、
  お呼び掛け頂ながら交信に至らなかった各局さんには申し訳有りませんでした。
  次回、宜しくお願いします。
  QSLカードは、全てJARL経由で発送されます。
  最初から、設備上、地理上の問題があることは承知していましたが、
  運用して、通常設備でも衛星通信ができることが運用メンバーにPRできたのではないかと思って
  いま す。
   また、今回の運用では、川野部さん(JG7PSJ)が興味を持ち、
  運用に加わってもらい衛星入門者1名が誕生しました。
  彼は、衛星が初めての経験でした。
  今回の8J7ITUは、予定外の臨時活動でしたが、皆様のご協力ありがとうございました。
  今回の衛星運用では、
  JARL東北支部長はじめ、事務局長、尾形さん(JA7AJH)、佐藤さん(JA7UQB)、若生さん(JH7QLR)、
  川野部さん(JG7PSJ)他 8J7ITU局の運用委員の皆さんに大変お世話になりました。
  お礼申し上げます。
  1999/5/24         .・
          芝山  正登
        ja7jzs@jamsat.or.jp
   =====================================================================

 5)JARL のホームページに新しい運用追加予定が記載されていましたのでご紹介します.
       ( http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji/uy.htm )

        ■ ふじ3号/FO−29 ■  
  
  ふじ3号(JAS−2) 運用予定      
  
 ☆☆デジトーカ運用を4月30日〜5月10日に運用☆☆ 

  *** 運用日程について ***
     
   5月17日 〜 5月24日     デジタル系1200bpsメールボックス運用
   5月24日 〜 5月31日     アナログ系運用

  *** 運用日程の変更について ***

 ☆4月28日からのデジトーカ運用は音声データのアップリンクが混信等の影響を受け
  てデータがUPしませんので予定を変更して,デジトーカ運用は4月30日から5月10日迄
   行うことと致します。

 ☆4月30日から5月6日に行うデジトーカ運用の音声送信メッセージは新データUP予定ですので
   お楽しみ下さい。

     ※運用日程の変更についても詳しく閲覧できるようになっていますので参照下さい.

        ■ ふじ2号/FO−20 ■      
            「ふじ2号」 現況                                                                                               
   JAS-1b/FO-20(ふじ2号)の不具合発生について
    JAS-1b(ふじ2号)のCWテレメトリ信号に,1997年10月12日12時
 (JST)の日本上空通過時,3桁の数字が繰り返されるはずが3個の長音の
  繰り返しとなっているという異常が発見されました。この不具合は次の通過時
  からは回復していましたが13日15時20分の通過時に再び観測されました。
  衛星のアナログ系中継モード動作は異常が無く,正常時のテレメトリ内容からは
  衛星の動作に異常は認められません。従って,直ちに衛星のミッションに影響す
  ることは無いと予想されますので,当面はアナログ系中継モードを継続します。
  衛星は既に打ち上げてから7年8ヶ月を経ておりますので,今後は監視を強化す
  る予定です。アマチュア各位のレポートをお待ちします.   
  
  以上  http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji/fuji.htm
                                           
   =============   JAS-2 (ふじ3号)と現在までの情報   ===========
  
  A.電話によるふじ3号の運用情報
      社団法人日本アマチュア連盟によるサービス
           TEL .   03− 3942 − 1000
  B.アマチュア無線FAXサービス
      JARLによるふじ3号の軌道情報(オービットカレンダー)
         FAX No.  03− 3233 −0055
  C.WWWブラウザで情報を簡単に見れる人のためにJAS−2
     ふじ3号の衛星としての運用されるまでの名前)の概要、打ち上げ
     までの状況、運用中における状況を説明したホームページを紹介し
     ておきます.
     社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL)のホームページ

          http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji
 
     宇宙開発事業団(NASDA)ホームページ 
          http://www.nasda.go.jp/
         打上げ衛星 :地球観測プラットフォーム技術衛星(ADEOS) 
                       アマチュア衛星3号(JAS-2)
          http://yyy.tksc.nasda.go.jp/Home/Press/Press-j/jas-2_j.html        

  D.JAMSATによる軌道情報の活用
        JAMSATのホームページまたはjamsat−kepsの軌道要素より
      衛星の軌道情報を得る.
     JAMSATホームページ
               URL    http://www.jamsat.or.jp
       上記ホームページでは各地で行われるアマチュア通信衛星に関する
      ミューティングのお知らせや世界のアマチュア衛星に関する情報が
      満載されています.
   
 =========================================================================
       JAMSATのメンバーのご協力によりJH6MME(高山 秀造)が
    執筆・編集を担当しております.ご指摘の意見、疑問やこのようにしたら
    というアイデアがありましたら小さなことでもかまいませんので気軽に下
    記アドレスまでご連絡ください.jamsat−newsからjas2
    infoへの転載をJH4PHW局坂井さんに担当して頂いております.
                    E-mail : jh6mme@jamsat.or.jp : jh4phw@jamsat.or.jp
 ===============================   END  ===============================