[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[jamsat-news:1058] jas2info #128



=========================   最新情報   ==============================

        Last updated :Mon.29-Mar.-1999 18:00 (JST) #128

====================================================================
   
     衛星情報 FOシリーズの軌道要素、テレメトリ、QSOの状況等を
   まとめてみました.

  1)  FO−29(ふじ3号)はJARLのホームページのとうり、3月29日
    (月)13:18(JST)のパスではJAモードのアナログ系運用になって
     おり、テレメトリはCWモールスの信号で力強くRS59+10dbで安定し
     て聞こえました.
       
 ■ 軌道要素1:「jamsatーkeps:873」より
                 SB KEPS @ AMSAT  $ORB99085.N
                 2Line Orbital Elements 99085.AMSAT

  HR AMSAT ORBITAL ELEMENTS FOR AMATEUR SATELLITES IN NASA FORMAT
  FROM WA5QGD FORT WORTH,TX March 26, 1999
  SEND SUBSCRIBE/UNSUBSCRIBE TO majordomo@amsat.org ONLY
  BID: ORB99085.N

 DECODE 2-LINE ELSETS WITH THE FOLLOWING KEY:
 1 AAAAAU 00  0  0 BBBBB.BBBBBBBB  .CCCCCCCC  00000-0  00000-0 0  DDDZ
 2 AAAAA EEE.EEEE FFF.FFFF GGGGGGG HHH.HHHH III.IIII JJ.JJJJJJJJKKKKKZ
 KEY: A-CATALOGNUM B-EPOCHTIME C-DECAY D-ELSETNUM E-INCLINATION F-RAAN
 G-ECCENTRICITY H-ARGPERIGEE I-MNANOM J-MNMOTION K-ORBITNUM Z-CHECKSUM

 TO ALL RADIO AMATEURS BT

   FO-29
  1 24278U 96046B   99082.92540528 -.00000014  00000-0  24869-4 0 02432
  2 24278 098.5495 045.4998 0351238 315.1122 042.2097 13.52663816128287
   
 ■ 軌道要素2:「jamsatーkeps:874」より
                 SB KEPS @ AMSAT  $ORB99085.O
                 Orbital Elements  99085.OSCAR

  HR AMSAT ORBITAL ELEMENTS FOR OSCAR SATELLITES
  FROM WA5QGD FORT WORTH,TX March 26, 1999
  SEND SUBSCRIBE/UNSUBSCRIBE TO majordomo@amsat.org ONLY
  BID: ORB99085.O
  TO ALL RADIO AMATEURS BT

  
  Satellite: FO-29
 Catalog number: 24278
 Epoch time:      99082.92540528
 Element set:    0243
 Inclination:      098.5495 deg
 RA of node:       045.4998 deg
 Eccentricity:    0.0351238
 Arg of perigee:   315.1122 deg
 Mean anomaly:     042.2097 deg
 Mean motion:   13.52663816 rev/day
 Decay rate:       -1.4e-07 rev/day^2
 Epoch rev:           12828
 Checksum:              325
 -----------------------------------------------------------
  2)FO−29(ふじ3号)の 3月29日(月)のJAアナログテレメトリの
    一部分は次のようになっていました.

 AS17900C1  29Mar99
 JST  13:24 - 13:32

                                    0 67 98 74 59 92 90 9D 82 AE AD AB AB AA 
  HI HI E6 C7 81 51 83 6B FF 0D 00 00 65 A7 60 68 92 8F A2 85 AE AD AB AB AB 
  HI HI E6 C7 81 51 88 6B FF 1A 00 00 7E A5 7C 5E 92 8F AD 6A AE AD AB AB AB 
  HI HI E6 C7 81 51 8D 6C FF 0D 00 00 5A 99 76 47 95 91 B0 7B AE AC AA AB AB 
  HI HI A6 C7 81 51 92 6D 0A 0D 00 00 51 AC 5E 60 93 90 B0 7E AE AC AA AB AB 
  HI HI A6 C7 81 51 97 6D FF 0D 00 00 80 B2 71 60 93 90 B0 86 AE AC AA AB AB 
  HI HI A6 C7 81 51 9C 6D 0A 0D 00 00 62 9F 76 60 93 90 B0 6F AE AC AA AB AB 
  HI HI A6 C7 81 51 81 6D FF 0D 00 00 34 95 73 60 93 91 B0 7A AE AB AA AB AB 
  HI HI A6 C7 81 51 87 6D FF 0D 00 00 75 A6 68 60 93 90 B0 7F AD AB AA AB AB 
  HI HI A6 C7 81 51 8C 6D FF 0D 00 00 76 AE 6E 60 93 90 B0 84 AD AB AA AB AB 
   
   AS12901C1  29Mar99
   JST  15:05 - 15:19

  HI HI A6 C7 88 51  0 6F FF 0D 00 00 7E A1 8E 60 93 90 B0 C7 AF AC AE AE AB
  HI HI A6 C7 88 51 0A 70 0A 0D 00 00 6A 8D 71 60 93 90 B0 7E AF AC AD AD AB 
  HI HI A6 C7 88 51 0F 70 FF 0D 00 00 68 9F 8C 60 83 90 B0 76 AF AC AD AD AB 
  HI HI A6 C7 88 51 14 70 FF 0D 00 09 57 A7 8E 60 93 90 B0 91 AF AC AD AD AB
  HI HI A6 C7 88 51 1A 70 FF 0D 00 00 4B    8C 60 93 90 B0 85 AE AB AD AD AB 
  HI HI A6 C7 88 51 1F 70 FF 0D 00 00 51 99 81 60 93 91 B0 90 AE AB AD AD AB 
  HI HI A6 C7 88 51 04 70 FF 0D 00 00 51 97 8F 60 93 91 B0 76 AE AB AD AD AB 
  HI HI A6 C7 88 55 0  71 FF 0D 00 00 5A 99 71 60 94 91 B0 85 AE AB AD AD AB 
  HI HI A6 C7 88 55 0E 72 FF 0D 00 00 53 A6 6F 60 94 91 B0 80 AE AB AD AD AB 
  HI HI A6 C7 88 51 13 73 FF 0D 00 00 40 8F 8E 60 94 91 B0 63 AE AB AC AD AB 
  HI HI A6 C7 88 51 19 74 FF 0D 00 00 61 7E 77 60 94 91 B0 78 AE AA AC AD AB
  HI HI A6 C7 88 51 1E 75 FF 0D 00 00 69 AB 60 60 94 91 B0 7E AD AA AC AD AB 
  HI HI A6 C7 88 51 03 76 FF 0D 00 00 37 9C 87 60 94 91 B0 81 AD AA AC AC AB 
  HI HI A6 C7 88 51 08 77 1E 25 00 00 50 67 7B 60 94 91 B0 66 AD AA AC AC AB 
  HI HI A6 C7 88 51 0D 77 FF 0D 00 00 88 8F 61 60 94 91 B0 65 AD AA AC AC AB 
  HI HI A6 C7 88 51 12 78 FF 25 00 00 52 BA 71 60 94 91 B0 7D AD AA AC AC AB 
  HI HI A6 C7 88 51 17 79 FF 0D 00 00 32 73 89 60 94 91 B1 79 AD AA AC AC AB 
  
  AS12902C1  29Mar99
  JST  16:54 - 17:02
 
  HI HI A6 C7 88 51 15 79 FF 0D 00 00 53 99    60 93 90 B0 68 AE AB AE AE AA 
  HI HI A6 C7 88 51 1E 79 FF 0D 00 00 76 95 71 60 93 90 B0 73 AE AB AE AE AA 
  HI HI A6 C  88 51 1A 79 FF 0D 00 00 78 A8 7F 60 93 90 B0 58 AE AB AD AE AB 
  HI HI A6 C7 88 51 09 79 FF 0D 00 00 6E AE 6D 60 93 90 B0 54 AE AB AD AE AA 
  HI HI A6 C7 88 51 0D 79 FF 0D 00 00 72 AF 6F 60 94 91 B0 75 AE AA AD AE AA 
  HI HI A6 C7 88 51 12 79 FF 0D 00 00 77 AF 77 60 94 91 B0 73 AE AA AD AD AB 
  HI HI A6 C7 88 51 17 79 FF 0D 00 00 89 AB 79 60 94 91 B0 78 AE AA AT AD AB 
  HI HI A6 C7 88 51    79 FF 0D 00 00 7E AE 65 60 94 91 B0 68 AD AA AD AD AB 
  HI HI A6 C7 88 51 02 79 FF 0D 00 O0 6B B8 6B 60 94 91 B0 64 AD TA AD AD AA 
  HI HI A6 C7 88 51 07 79 FF 0D 00 00 95 A8 76 60 94 91 B0 62 AD AA AD AD AA 
 
  
 3)  JAアナログテレメトリの 29Mar99
    JST  16:54 - 17:02 の最後の行の換算例.

  テレメトリ    内   容	       換算値  単 位
 3C	磁気センサーZ軸	=	73039.2	nT
 3D	磁気センサX軸	=	82352.9	nT
 4A	太陽電池発生電流	=	 1156.9	mA
 4B	B充放電電流	=	 -118.4	mA
 4C	B端子電圧	=	   15.9	V
 4D	B中間端子電圧	=	    7.0	V
 5A	バス電圧	        =	   17.3	V
 5B	JTA送信電力	=	  538.9	mW
 5C 	構体温度1	=	   14.7	℃
 5D	構体温度2	=	   15.9	℃
 6A	構体温度3	=	   14.7	℃
 6B	構体温度4	=	   14.7	℃
 6C	Bセル温度	=	   15.9	℃
 
 *計算処理は OFFICE 97 を使用.
 
===============   FO−29(ふじ 3号)のデジトーカについて   ===================
   
   [jamsat-bb:4331]FO-29 digitalker Q&A として、 KF4FDJ局のamsat-bb上の記事を
  JE9PEL/1 脇田美根夫氏が翻訳されましたので転載させて頂きました.
    
            ======================================
       簡単な衛星! FO-29 デジトーカー Q&A
       ======================================

                      KF4FDJ   Mike Gilchrist 著
                      JE9PEL/1 脇田美根夫 訳
 [訳者より]
     AMSAT-NAのコーディネーター Mike Gilchrist氏(KF4FDJ)による
     『EASY SAT! FO29 digitalker』と題する記事が、amsat-bb上で
     発表されています。(3/27 1999)  衛星FO-29のデジトーカーの
     受信についてわかりやすく解説したこの記事を 次に紹介します。

 [EASY SAT! FO29 digitalker]      by KF4FDJ / Mike Gilchrist
 --------------------------------------------------------------------

 日本の衛星 Fuji Oscar 29 (JAS-2) は、NASDA(宇宙開発事業団)の地球観測
 プラットホーム技術衛星ADEOSに相乗りする形で、H-IIロケット4号機により
 種子島宇宙センターから、1996年8月17日に打ち上げられました。

 FO-29 は、デジトーカー・JAモードトランスポンダー(中継器) そして1200/
 9600baudパケット通信の能力を持つ日本所有の小さいLEO(低軌道衛星)です。
 JAモードトランスポンダーは、2メータ(144MHz)のSSBまたはCWアップリンク
 信号を必要とし、70センチ(430MHz)のSSB/CWダウンリンク信号を送信します。

 このJAモードは、全二重モードです。ドップラー変移の補償を行なうことは
 難しいですが、貴局自身のダウンリンクを聞くことができるでしょう。また
 この衛星は、1200/9600baudによる(デジタル)JDモードでも運用されます。

 Q1. FO-29はいつもデジトーカーモードなのでしょうか? また それは何?

 A1. FO-29のデジトーカーは、繰り返し同じ音声を送信するデジタルループ
     アナウンスです。"ホーホケッキョ. This is JAS-2." と聞くことがで
     きるでしょう。この最初の部分は、ウグイスの鳴き声です。

     JARL(日本アマチュア無線連盟)は,デジトーカー・JAモード・JDモード
     のサイクルを計画しています。 デジトーカーのメッセージの内容は、
     1999年4月末には変更されるようです。モードの予定とその他の詳細に
     ついては、AMSAT-BBの広報に気を付けていて下さい。

 Q2. デジトーカーを聞くためにはマルチモードの無線機が必要ですか?

 A2. FO-29のデジトーカーは、FMモードで送信するので、70cm(430MHz)帯を
     備えた どんなFM受信機やマルチモード受信機でも、その信号を聞くこ
     とができます。

 Q3. 信号を受信するためには高利得アンテナを使わなければいけませんか?

 A3. デジトーカーの運用は、JAモードトランスポンダーよりも FM送信機に
     衛星のパワー(電力)のほとんどを与えるようになっています。 それは
     大変強い信号です。

     携帯用の受信機(Scanner)またはトランシーバーと、"簡易"アンテナを
     用いて衛星を聞くことができます。 70cm(430MHz)固定局や、固定アン
     テナを持つ受信局のほとんどは信号を調整することもできるでしょう。

 Q4. FO-29を聞くためには円偏波のアンテナが必要だと聞きましたが、それ
     は本当でしょうか?

 A4. 円偏波のアンテナは JAモードでは役に立ちますが、デジトーカーでは
     必要ありません。本当に携帯無線機と"簡易"アンテナで受信すること
     ができます。八重洲のFT-50Rと簡易アンテナで受信に成功しています。

     受信を最良にするには、無線機(およびアンテナ)を回転する必要があ
     ります。経験から言うと水平偏波に、つまり アンテナの軸を衛星方向
     に対して垂直にすると最も良く受信できます。 実験してみて下さい。

 Q5. 信号を聞くためにはどこに合わせればよいのですか?

 A5. 送信周波数は 435.910MHz です。もちろん、ドップラー偏移の補償は
     しなければなりません。衛星が貴局に近づく時は周波数を少し高く、
     遠ざかる時は周波数を少し低く合わせることを覚えて下さい。

     衛星が地平線上にやって来る時は、いつも周波数を高く合わせます。
     ドップラー偏移は少しづつ直線的に増加減少するので、無線機は小さ
     な増加分に設定しておきます。

 Q6. 1回の衛星通過において、どのくらい長く聞くことができますか?

 A6. FO-29は低軌道衛星なので、ほとんどの衛星通過の聞こえる時間は6分
     から18分の間です。動作中の全てのアマチュア衛星において、これは
     時間的に限界です。

 Q7. デジトーカーの目的は何ですか?

 A7. デジトーカーは、宇宙からの信号のリアルタイム受信を最初に味わう
     簡単な機会を、ハムにもハムでない人にも与えます。衛星に合わせる
     ことがどのように簡単にできるのかを子供や地上のハムに示すために
     この機会を使って下さい。この機会は、勧誘ミーティングや月例ハム
     ミーティング、学校、物好きな人達の集まるどんな場所においても、
     最適な機会です。

 Q8. 自局のロケーション上に衛星が来る時をどのように知るのですか?

 A8. 衛星が貴局に対して"可視"であることを示すためのプログラムが必要
     です。衛星をリアルタイムに追尾するためのソフトウェアのダウンロ
     ードができて、一般のアマチュア衛星のプログラムに関する他の情報
     も得られる最適な場所は、次のところです。

       http://www.amsat.org

     もし追尾プログラムをダウンロードするならば、最新のケプラー軌道
     要素もダウンロードしなければなりません。 どの時刻予報プログラム
     も、衛星がどこにいるのかを決定するために、そしてFO-29がいつ貴局
     からの地平線上に現れるのかを決定するために、この軌道要素を必要
     とします。

     その他に代わるアプローチの仕方は、次のようなオンライン時刻予報
     のサイトを使うことです。このサイトは、選択した衛星の通過時刻の
     予報を与えます。

       http://acsprod1.acs.ncsu.edu/scripts/HamRadio/sattrack

 --------------------------------------------------------------------
                        from kf4fdj@amsat.org

 [訳者補足1]
     日本国内でアマチュア衛星に関する一般の情報が得られるサイトを、
     次にいくつか紹介します。

       http://www.jamsat.or.jp/      日本アマチュア衛星通信協会
       http://www.jarl.or.jp/        日本アマチュア無線連盟
       http://www.nasda.go.jp/       宇宙開発事業団
       http://www.isas.ac.jp/        文部省宇宙科学研究所
       http://www.sta.go.jp/         科学技術庁

 [訳者補足2]
     Mike Gilchrist氏(KF4FDJ)との私信の中で彼は、『このデジトーカー
     は、いわゆる衛星のオペレーターではない一般の人達が、宇宙からの
     信号を聞くことができることは大変価値のあることだ。特に、子供達
     や衛星ハムではない人達に、我々と同じくらいの刺激を与え得る。』

     さらに彼は、『このすばらしい衛星FO-29の製作者/所有者/打上げ者に
     私のこの考えを正確に伝えて欲しい』と申しておりました。 私(脇田)
     が彼に代わり、衛星FO-29に関係する全ての方々に これらをお伝えし、
     これからの衛星の活躍に期待したいと思います。

       --------------------------------------------
       Name : JE9PEL/1 脇田美根夫
       Mail : je9pel@jamsat.or.jp
       URL  : http://www.asahi-net.or.jp/~EI7M-WKT/
       QTH  : Yokohama, Japan
       Date : 29 Mar. 1999
       --------------------------------------------
==============================================================================

  3)FO−20(ふじ2号)のCWテレメトリは3月24日(水)18:07(JST)の
     パスではテレメトリーが単一トーンの連続音から唸りを伴った連続音、さらにゆらぎの
     ある信号になり、いままでより若干信号が弱くなっていました.
---------------------------------------------------------------------------

 ■ 軌道要素1 :出典は「ふじ3号」に同じ. 
  
  FO-20
  1 20480U 90013C   99083.12069812 -.00000045  00000-0 -25383-4 0 01320
  2 20480 099.0336 294.0103 0540434 357.4404 002.3956 12.83250316427427
 
 ■ 軌道要素2 :出典は「ふじ3号」に同じ.  
               
 Satellite: FO-20
 Catalog number: 20480
 Epoch time:      99083.12069812
 Element set:    0132
 Inclination:      099.0336 deg
 RA of node:       294.0103 deg
 Eccentricity:    0.0540434
 Arg of perigee:   357.4404 deg
 Mean anomaly:     002.3956 deg
 Mean motion:   12.83250316 rev/day
 Decay rate:       -4.5e-07 rev/day^2
 Epoch rev:           42742
 Checksum:              272
 
  ====================    FO-20のQSOの状況 ==========================
  =====================================================================
 4)JARL のホームページに新しい運用追加予定が記載されていましたのでご紹介します.
       ( http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji/uy.htm )

        ■ ふじ3号/FO−29 ■  
  
  ふじ3号(JAS−2) 運用予定
   *** 運用日程について ***
     3月19日 〜 3月29日     デジトーカ運用(:FM音声メッセージ送信)
   3月29日 〜 4月 5日     アナログ系運用
   4月 5日 〜 4月12日     デジタル系1200bpsメールボックス運用  
   4月12日 〜 4月27日     アナログ系運用
   ☆4月28日  〜  5月  6日     デジトーカ運用(:FM音声メッセージ送信)

 * 運用日程の変更についても詳しく閲覧できるようになっていますので参照下さい.

        ■ ふじ2号/FO−20 ■      
            「ふじ2号」 現況                                                                                               
   JAS-1b/FO-20(ふじ2号)の不具合発生について
    JAS-1b(ふじ2号)のCWテレメトリ信号に,1997年10月12日12時
 (JST)の日本上空通過時,3桁の数字が繰り返されるはずが3個の長音の
  繰り返しとなっているという異常が発見されました。この不具合は次の通過時
  からは回復していましたが13日15時20分の通過時に再び観測されました。
  衛星のアナログ系中継モード動作は異常が無く,正常時のテレメトリ内容からは
  衛星の動作に異常は認められません。従って,直ちに衛星のミッションに影響す
  ることは無いと予想されますので,当面はアナログ系中継モードを継続します。
  衛星は既に打ち上げてから7年8ヶ月を経ておりますので,今後は監視を強化す
  る予定です。アマチュア各位のレポートをお待ちします.   
  
  以上  http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji/fuji.htm
                                           
   =============   JAS-2 (ふじ3号)と現在までの情報   ===========  
  A.電話によるふじ3号の運用情報
      社団法人日本アマチュア連盟によるサービス
           TEL .   03− 3942 − 1000
  B.アマチュア無線FAXサービス
      JARLによるふじ3号の軌道情報(オービットカレンダー)
         FAX No.  03− 3233 −0055
  C.WWWブラウザで情報を簡単に見れる人のためにJAS−2
     ふじ3号の衛星としての運用されるまでの名前)の概要、打ち上げ
     までの状況、運用中における状況を説明したホームページを紹介し
     ておきます.
     社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL)のホームページ

          http://www.jarl.or.jp/Japanese/3_Fuji
 
     宇宙開発事業団(NASDA)ホームページ 
          http://www.nasda.go.jp/
         打上げ衛星 :地球観測プラットフォーム技術衛星(ADEOS) 
                       アマチュア衛星3号(JAS-2)
          http://yyy.tksc.nasda.go.jp/Home/Press/Press-j/jas-2_j.html        

  D.JAMSATによる軌道情報の活用
        JAMSATのホームページまたはjamsat−kepsの軌道要素より
      衛星の軌道情報を得る.
     JAMSATホームページ
               URL    http://www.jamsat.or.jp
       上記ホームページでは各地で行われるアマチュア通信衛星に関する
      ミューティングのお知らせや世界のアマチュア衛星に関する情報が
      満載されています.
   
 =========================================================================
       JAMSATのメンバーのご協力によりJH6MME(高山 秀造)が
    執筆・編集を担当しております.ご指摘の意見、疑問やこのようにしたら
    というアイデアがありましたら小さなことでもかまいませんので気軽に下
    記アドレスまでご連絡ください.jamsat−newsからjas2
    infoへの転載をJH4PHW局坂井さんに担当して頂いております.
                    Eーmail : jh6mme@jamsat.or.jp : jh4phw@jamsat.or.jp
 ===============================   END  ===============================