[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[jamsat-news:536] jas2info#32


=========================   最新情報   =========================

  Last updated:Fri,16− May−97  21:00 (JST) #32

===============================================================
   
   衛星情報 FOシリーズの軌道要素、テレメトリ、QSOの状況等をま
 とめてみました.

  1)FO−29(ふじ3号)は5月16日(金)の18:51(JST)
    のパスではJAアナログモードでJARLのスケジュールどうり運用
    されています。来週の金曜日まで思わぬDXやアナログ交信が楽しめる
    でしょう.
    
  ・軌道要素1:「jamsatーkeps:581」より
                   SB KEPS @ AMSAT  $ORBS-129.N
                   2Line Orbital Elements 129.AMSAT

  HR AMSAT ORBITAL ELEMENTS FOR AMATEUR SATELLITES IN NASA FORMAT
  FROM WA5QGD FORT WORTH,TX May 9, 1997
  SEND SUBSCRIBE/UNSUBSCRIBE TO listserv@amsat.org ONLY
  BID: $ORBS-129.N

  DECODE 2-LINE ELSETS WITH THE FOLLOWING KEY:
  1 AAAAAU 00  0  0 BBBBB.BBBBBBBB  .CCCCCCCC  00000-0  00000-00 
    DDDZ
  2 AAAAA EEE.EEEE FFF.FFFF GGGGGGG HHH.HHHH III.IIII JJ.JJJJJJJJ
    KKKKKZ
  KEY: A-CATALOGNUM B-EPOCHTIME C-DECAY D-ELSETNUM E-INCLINATION 
       F-RAAN
  G-ECCENTRICITY H-ARGPERIGEE I-MNANOM J-MNMOTION K-ORBITNUM 
       Z-CHECKSUM

FO-29
1 24278U 96046B   97128.04866243 -.00000031  00000-0  75627-5 0 
  00873
2 24278 098.5378 174.7407 0351313 290.3641 066.0112 13.526297270
  35699

  ・軌道要素:「jamsatーkeps:582」より
                 2SB KEPS @ AMSAT  $ORBS-129.O
                 Orbital Elements  129.OSCAR

     HR AMSAT ORBITAL ELEMENTS FOR OSCAR SATELLITES
     FROM WA5QGD FORT WORTH,TX May 9, 1997
     SEND SUBSCRIBE/UNSUBSCRIBE TO listserv@amsat.org ONLY
     BID: $ORBS-129.O

  Satellite: FO-29
  Catalog number: 24278
  Epoch time:      97128.04866243
  Element set:    0087
  Inclination:      098.5378 deg
  RA of node:       174.7407 deg
  Eccentricity:    0.0351313
  Arg of perigee:   290.3641 deg
  Mean anomaly:     066.0112 deg
  Mean motion:   13.52629727 rev/day
  Decay rate:       -3.1e-07 rev/day^2
  Epoch rev:           03569
  Checksum:              319
  
 -----------------------------------------------------------
   *FO−29 のFMデジトーカについて
 
  1) [jamsat-2544]にJA3CFの岩崎好宏さんが投稿されてます、
      一部ですがご紹介します.
  
   久しぶりにFO-29のデジトーカがオンになっているという情報で受信
  してみました。「This is JAS-2」という女性の声に続いてウグイスが
  「ホーホケキョ」とひとこと鳴きます.

   このデジトーカが人気があるのでスケジュールを変更しているそう
  ですので、ここに最新情報をお届けします.(内容は入門者向け)
   --------------------------------------------------------
          「ふじ3号」デジトーカ受信キット

                   (社)日本アマチュア無線連盟
                      技術研究所

  岩崎 好宏     JA3CF    E-mail <ja3cf@jamsat.or.jp>
          URL <http://www.asahi-net.or.jp/~pt5y-iwsk>

 2) [jamsat-bb 2549]にデジトーカの受信状況をJA6BXの江崎昌男氏が
   投稿されてますのでご紹介します.

 既報の「うぐいすの声」デジトーカーをハンディ機で室内受信を試みました.
 
  4/4日 20:25JST前後のパスでしたが、約8分間ハンディ機付
属の短縮ホイップでもメリット5で入感していました。 「ホーホケキョ」の
周波数帯域が特にハンディ機のオーディオ特性にも相性がよいようです. 
  信号強度も去年の9月にデジトーカー運用の初期に比べると安定して、
強力になったように感じられます.

  アマチュア無線や、衛星通信に無関係の人たちに聞かせてあげるのにもっ
てこいのデモンストレーションと言えます.

 使用機:STANDARD C520 
 アンテナ:付属の短縮型ホイップ
 受信場所:福岡市南区(PM53EN)木造家屋の二階
 天候:雨
                                                       以 上
    73, de JA6BX - Y. Esaki 34122731@people.or.jp 
                         or, ja6bx@jamsat.or.jp
                             ja6bx@amsat.org  
---------------------------------------------------------------  
 *FO−29(ふじ3号)の5月16日(金)のJAアナログモード、
 運用中のTNC解読によるテレメトリの一部分です.
(熊本市)

 AS3682C  16May97
 JST 18:51 - 19:06
 Freq. 45.802 - 789 MHz       USB     RS  57
                                                9A 7B B7 B5 B6 B6 B2 
HI HI 
AE 07 88 5D 9E  D FF 9D 65 54 A  5A 71 4D 90 8E 9B 85 B7 B5 B6 B6 B2 
HI HI 
AE 07 88 HD 83 0D 0A 0D 00 58 63 5A 72 54 91 8E 9B 86 B7 B5 B7 B6 B2 
HI HI 
AE 07 78 5D 88 0D FF 0D 00 58 85 58 6D 4D 91  E 9C    B6 B6 B7 B7 B2 
HI HI 
AE 07 88 5D 8D 0D FF 0D 00 58 40 56 73 4  92  F  C 63 B7 B6 B7 B7 B2 
HI HI 
AE 07 88 5D 92 00 FF 0D 0  58 5B 5  7  4E 92 8F 9B 7A B7 B6 B7 B7 B2 
HI HI 
AE 07 88 5D 96 0D FF 0D    58 93 56 77 4D 92 8F 9D 79 B7 B6 B7 B7 B2 
HI HI 
AE 07 88 5D           D B  58 53 53 77 4B 93 8F 9D 76 B7 B6 B7 B7 B3 

 -------------------------------------------------------
 *FO−20 JAモードでRS 58程度で(受信感度はアンテナより見て
   約125db)非常に強力な信号で受信できています。衛星の現在の
   状態を符号化し、知らせるビーコン波にのっているテレメトリです.
   
  5月16日(金) JST  16:15 のパスの 一部分です。
(TNCで解読)
   AS34056C  16 May 97
   JST 16:15 - 16:30
       352 351 401 435 402 400 500 526 500 500
 HI HI 132 148 170 171 285 284 252 262 350 350 
       352 351 401 435 402 400 500 526 500 500
 HI HI 135 149 170 171 285 284 251 262 350 350 
       352 351 401 435 402 284 500 526 500 500
 HI HI 139 149 170 171 285 284 252 262 350 350 
       352 351 401 435 402 400 500 526 500 500
 HI HI 142 149 170 171 285 284 253 262 350 350 
       352 351 401 435 402 400 500 526 500 500
 HI HI 144 149 170 171 285 284 251 262 350 350 
       352 351 401 435 402 400 500 526 500 500
 HI HI 145 149 170 171 285 284 253 262 350 350 
       352 351 401 435 402 400 500 526 500 500
 HI HI 143 149 170 171 285 284 253 262 350 350 
       352 351 401 435 402 400 500 522 500 500 

 -----------------------------------------------------------------
 *FOー20のJAモードでアナログQSO

 [jamsat-bb:2429]に投稿されたJA6BX局江崎昌男氏のQSOの状況です.

     2/12日の18:02JSTに、UA4NM Kirov の VladさんとFO-20経由でQSO
  しました.
  当方はLOS寸前で、当局のCWでのCQに答えてくれたものですが、FO-20で
  は初めてのUA4です.
* 後日、江崎氏のコメント:                                  
    昨日QSOできたUA4NMは1987年にAO−10でQSOしていま
 すが、FO−20/29のような低軌道衛星では、昨年のOH5LK以来の
 DXで、大変うれしく思います.
                     73, de JA6BX - Y. Esaki 34122731@people.or.jp 
                                            or, ja6bx@jamsat.or.jp    
              
=======================   JARL運用情報   =======================

   JARL News 5月号を見ていたら、27ページに「ふじ3号」の運用スケジュ
  ールが載っていました.

        ■ ふじ3号 ■ の運用予定

   5月16日(金)  01:35(10:35) JA
       23日(金)  00:29(09:29) JD1200
       30日(金)  01:07(10:07) JD9600
   6月  6日(金)  08:25(17:25) JA
       13日(金)  00:39(09:39) JD1200
       20日(金)  09:41(18:41) JD9600
       27日(金)  00:11(09:11) JA
   7月  4日(金)  09:13(18:13) デジカート
         8日(金)  09:06(18:06) JA
 *切替時刻はUTCで表示しています.カッコ内の時刻は
   日本時間です.なお、都合により運用モードを変更する
   場合があります.
   JA:アナログ系運用
   JD:ディジタル系運用
       *1200bps PSK   メールボックス運用
       *9600bps PSK   メールボックス運用
       *デジトーカ       FM音声メッセージ送信

            ■ ふじ2号 ■
    「ふじ2号」はアナログ系の連続運用とします.   
 
                               以上「JARL NEWS 5月号より」

 =============   JAS-2 (ふじ3号)と現在までの情報   ===========
  
  A.電話によるふじ3号の運用情報
      社団法人日本アマチュア連盟によるサービス
               TEL No.   03− 3942 − 1000
   5月7日(水)現在#63のJDモード1200bpsのディジタル
   運用を継続とスケジュール変更はTELサービスで連絡のアナウンスが
   流れています.

  B.アマチュア無線FAXサービス
      JARLによるふじ3号の軌道情報(オービットカレンダー)
         FAX No.  03− 3233 −0055 

  C.WWWブラウザで情報を簡単に見れる人のためにJAS−2
     ふじ3号の衛星としての運用されるまでの名前)の概要、打ち上げ
     までの状況、運用中における状況を説明したホームページを紹介し
     ておきます.

    1)社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL)のホームページ
          http://www.jarl.or.jp/jarl/jas-2/index.htm

    2)宇宙開発事業団(NASDA)ホームページ 
         http://www.nasda.go.jp/
         打上げ衛星 :地球観測プラットフォーム技術衛星(ADEOS) 
                       アマチュア衛星3号(JAS-2)
     http://yyy.tksc.nasda.go.jp/Home/Press/Press-j/jas-2_j.html
                                                       
  D.JAMSATによる軌道計算ソフトの活用
      本欄またはjamsat−kepsの軌道要素よりパソコンを利用して軌道
    計算用ソフトを使い衛星の軌道情報(オービットカレンダー)を得る.

 =====================   JAMSAT コーナー  ======================
  
                      ==JAMSAT総会、シンポジウム '97 ==
 
      盛会の内無事終了しました、その模様はJASMAT Newsletter
    等で報告されるでしょう. 

 =====================  その他 の情報  =========================
      
  *FO−29「ふじ3号」のデジタル系テレメトリの解読 (4 )

    JARL NEWSの4月号20ページからのテレメトリーのフレーム
      フォーマットに従い、4月18日(金)の最後の1200bpsのテレ
      メトリーを解読してみましょう.
       1)フレーム0
          8J1JCS>BEACON [04/18/97  09:43:54] <UI C>:
          JAS-2    '97/04/18 00:41:07
           9C 03 63 08 00 FC 00 00 00 00
           00 00 46 8D 10 7D 60 92 90 B0
           AB 52 A8 02 F0 B2 B6 B6 B3 B5
          
        2)フレーム1
           8J1JCS>BEACON [04/18/97  09:43:55] <UI C>:
           D5 02 00 09 00 00 85 40 00 00
           2D 49 3C 4E 7B B3 B5 82 7C 81
           00 00 00 A7 82 B3 F7 00 00 00
      
        まずフレーム0かフレーム1かの判定をしてみると各フレームの最初
        の16進数を2進数に変えて最下位の桁を調べてみます.
             16進数   9C             1001 1100  で最後が 
                                                   0でフレーム0 
             16進数  D5             1101 0101  で最後が
                                                    1でフレーム1
        フレームの取り方は間違いないようですね.

        ・アナログデーターを見てみましょう. フレーム0の分かりやすい
          太陽電池の発生電流をみてみます、テレメトリー出力位置はF0:
          フレーム0、15(4A):
           左の表の15の位置、このフレームをアナログCWテレメトリーと
          同様に置き換えると
              フレーム0:
                1A  1B  1C  1D  1E
                2A  2B  2C  2D  2E
                3A  3B  3C  3D  3E
                4A  4B  4C  4D  4E
                5A  5B  5C  5D  5E
                6A  6B  6C  6D  6E
       となり、15の位置は4Aの位置に相当します.
       フレーム0から15の位置には16進数7Dがあります、16進数の
      7Dは10進数に変換すると125になります.(変換方法はこの
      シリーズの(2)を見てください.)
                     I = 0.009804×125
                       = 1.2255 [A]          1225.5 [mA]
      となります. 
        これをCWテレメトリと比較してみましょう、ただし衛星の軌道に
      よりかなり違ってきます.
        同様にして他のデータも解読してみましょう.
      次回はも少しアナログデータについて解読してみましょう.
   ---------------------------------------------------------------
    JAMSATのメンバーのご協力に よりJH6MME(高山)が編集を
    担当しております.ご指摘の意見、疑問やこのようにしたらというアイ
    デアがありましたら小さなことでもかまいませんので気軽に下記アドレ
    スまでご連絡ください.
                                    Eーmail :   jh6mme@jamsat.or.jp       
               
  ==============================   END  =======================